[sd-script]

伊達家家臣伊達成実に関する私的アーカイブ

2018-08-25から1日間の記事一覧

『伊達日記』13:小浜自焼

13:小浜自焼 原文 一 小浜にて助勢共、岩津野を取られ候は、引除候事成間敷由相談申さる。会津衆備前へ申され候は、今日政宗公岩津野を召廻し御覧候ば彼城を御取在るべき由思召され候と見え申候。彼城を取申され候はば、何も引除候事成間敷候間、今夜引除然…

『伊達日記』12:岩角への移動

12:岩角への移動 原文 一 廿五日岩津野へ御出馬成られ、地形を御覧成られ、近陣か御責候か、彼城を御取候へども、兎角敵二本松へ通路不自由に罷成候間、明日御陣を相移さるべき由御評定、先黒かこへ御入馬成られ候。 語句・地名など 現代語訳 一、25日政宗…

『伊達日記』11:4人の移動

11:4人の移動 原文 一 築飯に残置かれ候四人の衆も、小瀬川と申処へ働候処に、政宗公御働遅候処に、小十郎漸二百計の手前の者にて、小浜近所迄参候。小浜の人数に押立られ、小瀬川迄五里計逃懸り候。四手の衆川を越合戦御座候。小浜衆五六百騎参候へども、…

『伊達日記』10:9月24日攻撃

10:9月24日攻撃 原文 一 廿四日をうはの内と申城へ御働候処に、彼地二本松衆助入候。少の内より人数を出し、合戦候へども、強も罷り成らず候。物別仕黒かこへ打上候。 語句・地名など をうはの内:大波内 現代語訳 一、24日、大波内という城をお攻めになっ…

『伊達日記』9:政宗、田村領へ

9:政宗、田村領へ 原文 一 清顕公より政宗公へ仰遣され候。小浜は多人数に候。其上方々より引除候者共、小浜へ集候間、御働成られ候えども、思召の儘に在間敷間田村へ御廻り、備前抱の小城共を御取成られ然るべき由御理に付而九月廿二日に築飯を御立。田村…

『伊達日記』8:二本松境について

8:二本松境について 原文 一 二本松境へは今は御手切も御座なく候。実元分別には、会津仙道より四本松へ助候諸勢。田村は敵にて二本松領中打通申候。義継へ会津以下の衆疑心申され候様にと存ぜられ境をしずめ、跡々の如く、二本松よりも入魂の体候。其存分…

『伊達日記』7:青木修理の証人替え

7:青木修理の証人替え 原文 一 築飯に御在馬の内、青木修理抱置候三人の者儀小浜へ内通に付、大内も人質返し候事無念に存ぜられ候へども、家老の者共の子を相捨候事も成らず候間、小瀬川と申処へ双方より罷出、御横目申請証人替仕候。 語句・地名など 現代…

『伊達日記』6:竹屋敷移陣と小手森攻め

6:竹屋敷移陣と小手森攻め 原文 一 廿七日昨日はまちまちにて落居申さず候へども、我等存分悪は之有る間敷と存。御意をも請けず、未明竹屋敷へ陣を移申候間、伊達上野介我等に引続陣を移申され候に付、惣陣を相詰べき由仰付られ、惣人数は備を立、夫兵は野…

『伊達日記』5:青木修理の内応

5:青木修理の内応 原文 一 同年七月初に米沢へ我等使を上申候て、猪苗代の義相違仕迷惑に存候。会津に御敵は御座無く候間、大内備前を御退治成られ然るべき候。御尤に思召候はば、大内家中に一両人も御奉公仕候様に申し合わすべき由申上候処に、会津へ御敵…