[sd-script]

伊達家家臣伊達成実に関する私的アーカイブ

『治家記録』

『治家記録』寛永11年2月23日条

『治家記録』寛永11年2月23日条 原文 廿三日庚辰。天気好、寅の刻(午前4時)伊達安房殿成実宅へ御出、数寄屋に於て御茶饗し奉らる。亭主御花を望み申し、水仙花と梅を出さる。水仙は長く、梅は短く伐て出されしを、公山礬是弟梅是兄といへる事ありと仰せら…

貞山公治家記録の成実記述(〜天正17年)

『貞山公治家記録』の成実記述。天正12年(17歳)から天正17年(22歳)まで。 『伊達治家記録』宝文堂版の、1巻部分。 1584天正12年:17 10月:政宗、家督相続。「公年少を以て頻りに御辞退あり。然れども親族老臣等も固く勧め奉る。因りてその命に従ひ給へ…

『貞山公治家記録』の成実記述(天正18〜・文禄・慶長)

『貞山公治家記録』の成実記述(天正18〜・文禄・慶長)。天正18年(23歳)から慶長18年(46歳)まで。 『伊達治家記録』宝文堂版の、2巻部分。 1590天正18年:23 1/7:成実→政宗書状。扇子・年始祝儀を献上。 5/8:政宗→成実書状。小田原参陣の事について…

『貞山公治家記録』の成実記述(元和・寛永)

慶長19年(47歳)から寛永13年(69歳)の政宗逝去まで。『伊達治家記録』宝文堂版の3・4巻分。 1614慶長19年:47 1/21:忠宗→成実書状。献上物(白鳥一羽)への御礼と成実知行加増への祝い。 7/17:成実→政宗書状受け取り、返書。下向についての連絡。政宗…

『義山公治家記録』の成実記述

『治家記録』義山公(=忠宗)部分に登場する成実記述まとめ。基本的に伊達家の正月恒例行事として 3日:御佳例御野始(鷹狩や追鳥狩などの模擬軍事訓練)が開催される。政宗存命中から、政宗9男で成実の養子となった伊達治部大輔宗実がだいたい担当。 7日:…