[sd-script]

伊達家家臣伊達成実に関する私的アーカイブ

『名語集』序文

『名語集』序文
(*不完全なので、コピペなどはやめといた方が吉です。下線は文章の意味がわからなかったところ。間違いなどご指摘いただけたら幸いです。

原文:
政宗公よろづ御詞の末、少々常の御様子、人伝にも承り、折節には拝み奉り候へども、卑しき身きたなき心に、連々取り失ひ候事あさましく、存じ出し次第、少々書付け申し候。然あれども詞かすかにして、始終たしかならず。誠に秋の月の、暁の雲にあへるが如しとやらんに御座候へども、いにしへの一人二人も、同座のとき、語り慰むためばかりにて候なり。

現代語訳:
政宗公のすべての御言葉や普段の御様子については人からも聞き、そのときどきに拝顔し申し上げたが、私が身分低く不忠なため、忘れてしまうことが情けなくて、思い出すことにして、少々書き付け申し上げます。しかしながら、文章がぼんやりしているので、はじめとおわりははっきりしない。いうなれば秋の月を見ようとしたら夜明けの雲にであってしまったかのようだというのはこういうことかと思いますが、昔の知人と一緒にいるときに、語り慰めるためだけに記します。

メモ:
・詞かすかにして、始終たしかならず。誠に秋の月の、暁の雲にあへるが如し:古今和歌集仮名序、喜撰法師の段よりの引用。『古今和歌集岩波文庫/19p

感想:
検索してたら、「詞かすかにして、始終たしかならず。誠に秋の月の、暁の雲にあへるが如し」ってのが、古今和歌集序文by紀貫之の引用であることを知って、ビックリしました…。わ、和歌の本なんて読まないと思っていたのに…!!(笑) まあ小川の文かもしれませんが。
あと、ラストの方もそうなんですが、「卑しき身きたなき心」ってとこに、逆に作者の身分意識が見える気がします。強調してるところに、それなりですよ、っていうプライドを感じる(笑)。まあこういう文章の定型なのかもしれないけど。
で、成実関係の著作についてのブログだというのに、作者不明の『名語集』からはじめるあたり、ダメダメです…orz でも名語集の文ホントに美しいので、是非読んでいただきたいのですよ…。