[sd-script]

伊達家家臣伊達成実に関する私的アーカイブ

【感想】千葉真弓『独眼竜政宗-慶長の出帆編-』

今年はサンフアンバウティスタ号出帆400年なのだそうです(全然気づかなかった…)。
それもあってかNHKで1/2にサンフアンバウティスタ号と地震の番組がありました。
で、元旦に、東北在住伊達仲間(笑)から複数のタレコミがあったのがこちら。

千葉真弓『独眼竜政宗-慶長の出帆編-』河北新報元旦号第三朝刊掲載
慶長16年10月28日、強い地震を感じる政宗から話はスタートです。
2011年と同じように被害に見舞われた亘理の領主である成実が海にむかって嘆く絵にうわーとなってしまいました。
ですが、落ち込むことなく領内経営の舵をとる政宗と家臣達。そして支倉常長を派遣することを決定。
そして、月の浦を出帆するサンフアンバウティスタ号を軍装で見送る政宗のアップは本当に震えます。もちろんマンガでもおっしゃっているように史実がどうだったかどうかわかりませんが、元旦からとても勇気づけられる、すてきな政宗マンガでした。
もし機会があれば是非ごらんください。(図書館とかなら他地域でも見られるかな…?)

千葉先生の他の政宗本はこちら。

ファシクラ伝―支倉常長・サムライ地球を駆ける

ファシクラ伝―支倉常長・サムライ地球を駆ける

支倉常長伝。メキシコの雰囲気をちゃんと描いてくださっているのに感動!!
独眼竜政宗

独眼竜政宗

なんと、イタリア語で読む伊達政宗!