[sd-script]

伊達家家臣伊達成実に関する私的アーカイブ

【ドラマ】『臥竜の天-伊達政宗 独眼竜と呼ばれた男-』情報

先日ブログにちらっと書きました、3月にBSTBSの政宗ドラマ、『臥竜の天』の新しい情報がBSTBSオフィシャルサイトに載っていました。
以下サイトから転載。
http://www.bs-tbs.co.jp/app/program_details/index/DRT1301300

BS‐TBSスペシャル時代劇
臥竜の天~伊達政宗 独眼竜と呼ばれた男~
12/3/9(土)よる7:00~9:00 東北の戦国武将・伊達政宗の半生を描く超大作時代劇!

Cast
伊達政宗:椎名桔平/片倉小十郎:榎木孝明/伊達成実:金山一彦
愛姫:原田夏希/喜多:平 淑恵 /千利休:左とん平/虎哉宗乙:高橋長英/石田三成:上杉祥三/保春院:秋吉久美子
徳川家康:伊武雅刀/豊臣秀吉:津川雅彦
ナレーション:遠藤憲一

Staff
原作:火坂雅志「臥竜の天」(祥伝社文庫刊)/脚本:尾西兼一/監督:吉村芳之
【番組内容】
戦国時代、『独眼竜』の異名をとり、東北を中心に勢力を拡大していた伊達政宗(椎名桔平)。期を同じくして関東より西側では、豊臣秀吉(津川雅彦)が天下統一を目指して破竹の勢いで諸大名を屈服させていた。奥羽統一目前だった政宗も例外ではなく、秀吉の圧力は現実のものとして目の前に迫ってきていた。それでも、秀吉に屈するつもりがない政宗は、右腕として仕える片倉小十郎(榎木孝明)とともに伊達の支配地を増やしていく。しかし、秀吉はいよいよ伊達領の手前に位置する、北条攻めを決断。さらに、北条攻めに参陣するべく政宗に迫ってきた。秀吉に従うか否か、伊達家では話し合いがなされるが結局、政宗は北条攻めに参陣することを決める。出立前日、母・保春院(秋吉久美子)と食事を共にしていた政宗は、母が自分に毒を盛ろうとしていることに気づく。保春院は、秀吉に屈することを良しとせず、政宗を殺し、弟の小次郎を当主に立てようと画策していたのだ。伊達家の命運がかかっているこの時期に、家中を二つに割ることは出来ないと感じた政宗は、小次郎を殺害。痛みをもって伊達家崩壊を免れた政宗は、秀吉の待つ小田原へ向かうのだが・・・。

実をいうと前回の時点で、音楽担当の方のツイッターから、監督さんのお名前がわかっており、その方が独眼竜で演出をやってらっしゃった(輝宗無惨とか!成実出奔とか!50話中半分ほど!)方だということを知り、密かに悶えておりました。…だって私、独眼竜信者なんですもん…いやむしろ儲といってもいい!! 
でもまだ公式発表されてなかったので、自粛して書かなかったのですが、その後猫御前を演じていらっしゃった秋吉久美子さんのサイト情報で、義姫を演じられる…ということを聞いて思ったのは、もしかしてこれは独眼竜スタッフによる、独眼竜リベンジ…!!??(<憶測ですよ!(笑))と妄想が…!!
そしてこのキャストですよ! 秋吉さんもですが、「津川雅彦さん=秀吉」にきゃーっとなった独眼竜オタは私だけではあるまい…あるまい!!(反語) 昔、津川さんの家康にくらくらされましたよね!「政宗を討ち取りましてございます」の家康対政宗の会話シーンとか!(思い出すだけで号泣)今度は秀吉を!(泣)もう泣くよ…。伊武さんの家康も気になる!
そして個人的に大好きな時代劇俳優である榎木孝明さんが小十郎…小十郎…!! なんだ!小十郎は美声役者しかしちゃいけない決まりでもあるのか!(笑)八重の井伊直弼もよかったですよね…!!(合掌)まあ私世代には『天と地と』の謙信と、『太平記』の日野俊基ですよね…!! ああ…あの声で「関白は払っても払ってもまとわりつく蠅のようなもの…」とかいってくれるのか!<や、時期的に推測して…(笑)。秀吉に誘われて「私が仕えるのは殿だけ」発言とかも…!(以下脳内妄想がぐるぐる…)
というか今思いだしたけど、榎木孝明さん、独眼竜で大野治長でした。忘れるな、私。

問題はたった二時間でどこまでやるねん…!!??というとこなのですが、毒殺事件・小次郎殺害からはじめて秀吉・家康とのあれこれをどこまで…かくのか…!(泣)か、かこうと思えばいくらでもかけるよ!ネタならあるのに、たった2時間で…それは…。せめて7時からはじめるなら…4時間なら…まだ…。
朝鮮出兵も入る(出陣の写真がある)みたいだし、どれぐらい駆け足なのかが気になって気になって…。かき込もうと思えばいくらでもね…そしてメイン役者三人の年齢がわりと上なので、やろうと思えば、中年期ネタも老年期ネタでも、いくらでも…!いっくらでも…萌えエピ…あるよ…!個人的には実盛de泣いた事件でも…!(泣)

(ここから単なる願望です)
というか、私は慶長三陸大地震をやるのかと思っていたのですよ…。
今更政宗の人生を一からたどるのは二時間ドラマでは到底無理だし(まあテレ東の7時間とか12時間時代劇枠なら最低限ならできるかもしれんけど…)、地震から始まってそこからの仙台藩の回復をやるのかと。NHKに年始にやっていた、震災復興とサンフアンバウティスタ号との関連を指摘する番組とかもありましたし、この番組自体が震災復興応援の枠のようだし。たった二時間しかないなら、ちょっとそれが見たいのですが、どうなのでしょう…。
でもこの放送日程・制作コンセプト的に、絶対そこはあるはずだと思うのです。
地震からの、トラウマ(片眼喪失とか毒殺とか*1)からの、たしかな再生と回復。
政宗の人生の物語は、天下への夢でも、破天荒DQNエピソードでもなく、ホントに静かな、どこにでもある、でもとてもとても綺麗な物語な気がします。ディスコミュが治る話。
しかし!それを描くのには、「毒殺からはじめて二時間」は短すぎる。
地震だけで二時間ならありえるかもしれないけど…。
でも、ここまで元独眼竜スタッフ・キャストが関わっているからには、人物理解が浅いとか、展開を脚本家やスタッフがわかっていないことはありえないわけです…!! ありえないわけです…!!(喜)歴女ブームだからって、テキトーに皆が知ってる題材取り上げて、テキトーに作ってみた作品では確実にないわけです!!!! 
ああ、期待で胸が膨らみすぎて息が苦しい…(笑)。楽しみです。

前回のエントリ:
【ドラマ】久しぶりの政宗ものドラマ

*1:まあ義姫かどうかは私は疑問だと思うけど…