[sd-script]

伊達家家臣伊達成実に関する私的アーカイブ

『伊達日記』9:政宗、田村領へ

9:政宗、田村領へ

原文

一 清顕公より政宗公へ仰遣され候。小浜は多人数に候。其上方々より引除候者共、小浜へ集候間、御働成られ候えども、思召の儘に在間敷間田村へ御廻り、備前抱の小城共を御取成られ然るべき由御理に付而九月廿二日に築飯を御立。田村の抱の地黒かこと申城へ御馬移され、廿三日は御休息成られ候。小浜に替衆候而人数引籠申すべき由小十郎を以申上に付て白石若狭・桜田右兵衛・片倉小十郎・我等四人は築飯に相残され候。

語句・地名など

黒かこ:黒籠

現代語訳

一、清顕から政宗へ仰せつかわされた。「小浜に味方するのは大勢であります。その上方々から退いてきた者たちが小浜へ集まっているので、戦闘になったとしても思うようにはならないので、田村へお寄りになり、大内定綱の抱えている小さな城どもをお取りになるのがよい」と仰ったのにあわせて、9月22日に築館を出発なさり、田村の抱えている土地である、黒籠というところへ移動され、23日はお休みなさいました。小浜に裏切ろうとする者がいるため、手勢を残すべきであるということを、片倉景綱を介して注進する者がいたので、白石若狭・桜田右兵衛・片倉小十郎と私の四人は築館に残されました。