[sd-script]

伊達家家臣伊達成実に関する私的アーカイブ

参考文献リスト

論文:

  • 石田洵「摺上原合戦の物語化-『天正日記』『成実記』『政宗記』をめぐって-」東北文学の世界 (17), 1-11,/ 2009
  • 畠山和久「伊達政宗と蒲生氏郷の対立について-奥羽仕置前後における領主の動向-」
  • 松林靖明「戦国軍記における体験談-『伊達日記』と『山口道斎物語』-」古典遺産 (59) 2009-12 p.1~12/2009
  • 安田初雄「近世初頭における米沢、福島および大森城下の歴史地理的管見」東北地理vol.38No.2/1986
  • 深沢智成「安永の政変と亘理伊達家-『亘理伊達家史料』の分析を中心に-」人文論究No.81/2012
  • 山邊進「仙台藩亘理伊達家の蔵書と郷学日就館」日本漢文学研究 (二松学舎大学21世紀COEプログラム「日本漢文学研究の世界的拠点の構築」)No.2/2007
  • 蝦名裕一「慶長大津波と震災復興」季刊東北学no.29/2011
  • 表章『喜多流の成立と展開』平凡社/1994:第四章「古七大夫の芸風と人柄」第四節「古七大夫節付け謡本をめぐって」の3「伊達市開拓記念館蔵二番綴本ー伊達安房本ー」
  • 佐藤貴浩「伊達領国の展開と伊達実元・成実父子」戦国史研究65/2013
  • 野崎準「東国武士の技術文化」東北学院大学東北文化研究所紀要22/1992
  • 野崎準「東北戦国武者の技術文化-東国武士の技術文化補遺-」東北学院大学東北文化研究所紀要37/2005
  • 佐藤貴浩「戦国期国分氏家中の動向と伊達氏」駒沢史学71/2008
  • 蝦名裕一「大名の学問活動と『明君』意識-仙台藩を事例に-」『講座東北の歴史第六巻生と死』清文堂/2013
  • 中川学「大名の死をめぐる頭髪規制の展開-月代に関する町役人の願書から-」『講座東北の歴史第六巻生と死』清文堂/2013

史料系:

  • 『政宗記』:伊達史料集上
  • 『伊達日記』:群書類従21輯 合戦記
  • 『成実記』:『仙台叢書』版
  • 『政宗公軍記』:『国史叢書』51
  • 『名語集』:宝文堂版/仙台叢書版
  • 『仙台志料』国会図書館デジタルアーカイブ:二巻あたりに成実とか景綱とか。
  • 『治家記録』性山公/貞山公/義山公
  • 『伊達世臣家譜』
  • 『亘理世臣家譜略記』
  • 『白達記』:登米伊達氏(伊達宗直の家系)の記録。
  • 『伊達史料集』人物往来社:
  • 『奥羽永慶軍記復刻版』無明舎出版
  • 『本源自性院記』:政宗のお友達、関白・藤原氏長者、近衛信尋の日記。でも政宗の記述はありませんでした。
  • 『氏郷記』:『史籍集覧』収録
  • 『蒲生氏郷記』:『史籍集覧』収録
  • 『蒲生氏郷記』:『群書類従』収録
  • 『蒲生軍記』:『国史叢書』収録
  • 『綿考輯録』巻十:細川氏の記録。七哲さんからの政宗がわかる。disられてる(笑)。
  • 『仙台市史』:政宗の手紙を全部あつめた政宗文書1〜4が素晴らしすぎる。
  • 『伊達家史叢談』:大正時代にまとめられた、伊達家の系譜・城の概要・藩内行事などについての本。

本:

  • 垣内和孝『伊達政宗と南奥の戦国時代』吉川弘文館/2017
  • 小林清治『伊達政宗(新装版)』吉川弘文館/1985
  • 小林清治『伊達政宗の研究(新装版)』吉川弘文館/2017
  • 飯田勝彦『伊達政宗とその武将たち』人物往来社/:各エピソードが小説風にわかりやすくまとまっています。山岡志摩/伊達成実/後藤信康/鈴木元信が取り上げられています。成実の項の、政宗に茶器(岩城文琳)もらったエピソードに出てくる、茶器を探してくれた佐々若狭が(信長・秀吉・家康に仕えた)佐々若狭成政ってかいてありますが、伊達家中の佐々若狭元綱の間違いです。それぞれの武将好きにはよいと思われます。小十郎は姉妹編で、一冊にまとまっています。
  • 『亘理町史』第三編 徳川時代の亘理 第一章 伊達成実:亘理に入ってからのことが詳細に。
  • 『亘理町『伊達成実公亘理入府四百年記念 伊達成実』:亘理町で発行された小冊子(B5版)。とりあえず今わかっていることはほとんど載っているとのこと。当ブログで「亘理町冊子」と言っていたら、この本のことです。亘理町のサイトで通販やってます。
  • 小倉博編・高橋富雄新訂『伊達政宗言行録-政宗公名語集-』宝文堂/昭和62年:当ブログで『名語集』と呼んでる場合、特に注記がない場合はこれのことです。跋文が大好きです。私がいきなり「小川」と言ったら、この中で『名語集』作者かも?と疑われている「政宗侍女の小川」のことです。
  • 小井川百合子編『伊達政宗言行録-木村右衛門覚書-』新人物往来社/1997:当ブログ「木村本」と呼んでます。なんの前触れもなく「木村」と言ってたら木村宇右衛門のことです。木村は成実より正直なライターさんという印象。細かいディテールをよく記憶してます。
  • 『伊達政宗卿伝記史料』藩祖伊達政宗公顕彰会:政宗の記述抜書をまとめた分厚い史料集。
  • 佐藤憲一『伊達政宗の手紙』新潮選書/1995:ソフトカバー版と新書版があります。でも品切れらしいですね。わかりやすく、とても面白いです。
  • 大泉光一『伊達政宗の密使-慶長遣欧使節団の隠された使命-』洋泉社/2010:
  • 小林清治『人物叢書 伊達政宗』吉川弘文館:史実政宗に興味を持ったらまずこれを、という感じの本。まとまっててわかりやすい。
  • 小林千草『伊達政宗 最期の日々』講談社現代新書/2010:『木村宇右衛門覚書』の解説書という感じ。
  • 佐藤憲一『素顔の伊達政宗-「筆まめ」戦国大名の生き様-』洋泉社/2012:手紙の本の佐藤先生のもう一つの本。手紙話メインです。
  • 高橋富雄『蒲生氏郷のすべて』新人物往来社/昭和63年:家臣団リストが(とても!)重宝する。それぞれの元の名前とどこから来たかとどこへいったかが…。
  • 『別冊歴史読本 伊達政宗と伊達一族』新人物往来社/2002:
  • 白井孝昌『伊達政宗グラフティー』新人物往来社/昭和62:瑞鳳殿の発掘調査について詳しいです。
  • 『図説伊達政宗』河出書房新社/1986:基本的な写真が沢山載ってます。
  • 小和田哲男『史伝 伊達政宗』学習研究社/2000:
  • 高橋富雄『伊達政宗のすべて』新人物往来社/1984:
  • 飯田勝彦『伊達政宗と片倉小十郎』新人物往来社/1987:『伊達政宗とその武将たち』の姉妹編。小説風読み物。
  • 佐々久『仙台藩家臣録1』歴史図書社/1978:
  • 福島県立博物館『秀吉・氏郷・政宗』H2:

亘理伊達家関連

  • 伊達宗弘・伊達君代『仙台藩最後のお姫さま-北の大地に馳せた夢-』新人物往来社:一章が戊辰戦争〜終結後の仙台藩及び亘理伊達家の北海道の開拓について、二章が亘理以外の伊達家家臣達の北海道移住についての詳細、三章・四章が慶邦の妹で邦成の母である貞操院保子の話の詳細。

戦国全般:

  • 小山田和夫『入門 史料を読む-古代・中世-』吉川弘文館/1997:大学のときに先生の薦めで買いましたが、とても重宝してます。|
  • 氏家幹人『武士道とエロス』講談社現代新書:腐女子としては外せない本ですよね…|
  • 金子拓『記憶の歴史学-史料に見る戦国-』講談社選書メチエ:『綿考輯録』の話題が。歴史について考えたくなる本です。
  • 神田千里『宗教で読む戦国時代』講談社選書メチエ:
  • 山本博文『殉教-日本人は何を信仰したか-』光文社新書/2009:
  • 海老沢有道『日本キリシタン史』塙書房/1966:
  • 只野淳『みちのくキリシタン物語』春秋社/1990:
  • 西村貞『キリシタンと茶道』全国書房版/1948:
  • 高橋貞夫『信夫の史蹟めぐり』歴史春秋社/2013:杉目(福島)・渡利・信夫山・飯坂温泉・大森など、成実に縁のある史蹟の記事がたくさん。

あと高校の頃集めてて、後輩に譲ったもの(概説書ばっかりでした):

『図説伊達政宗』仙台市博物館/河出書房新社
『仙台城歴史散策-青葉城の盛衰とロマン-』宮城文化協会
『伊達政宗書状』仙台市博物館収蔵史料図録3
『伊達の風土』第二十号/伊達郷土史研究会
『合戦と群雄-みやぎの戦国時代-』紫桃正隆
『みちのく宮城』
『ザ・仙台 伊達政宗と杜の都』読売新聞社
『伊達政宗・戊辰戦争-仙台藩の歴史1-』平重道
『伊達政宗の都-その歴史と未来-』飯田勝彦/新人物往来社
『処世戦略の勝者・伊達政宗の生涯』長谷川つとむ/高文堂出版社
『危うし獨眼龍-伊達政宗の見果てぬ夢-』紫桃正隆/宝文堂
『仙台領戦国こぼれ話』紫桃正隆
『伊達政宗-「機」をはかる抜群の演出-』

文法参考書

  • 二条庵主人・加地伸行『漢文法基礎-本当にわかる漢文入門-』講談社学術文庫
  • 角川日本史辞典/旺文社漢辞典/旺文社全訳古語辞典:iPhoneアプリ版
  • 飯倉晴武『古文書入門ハンドブック』吉川弘文館/1993
  • 古田島洋介『日本近代史を学ぶための文語文入門-漢文訓読体の地平-』吉川弘文館/2013
  • 高尾善希『やさしい古文書の読み方』日本実業出版社/2011

衣装・結髪・時代考証関連

  • 鈴木敬三『有職故実図典-服装と故実-』1995/吉川弘文館
  • 池上良太『図解 日本の装束』2008/新紀元社
  • 菊地ひと美『江戸衣装図鑑』2011/東京堂出版
  • 増田美子『日本衣服史』2010/吉川弘文館
  • 井筒雅風『原色日本服飾史』平成1/光琳社出版社
  • 森理恵『桃山・江戸のファッションリーダー』2007/塙書房
  • 露木宏『日本装身具史』2008/美術出版社:政宗のブローチ・印籠の写真あり
  • 小池三枝・野口ひろみ・𠮷村佳子『概説日本服飾史』2000/光生館
  • 金沢康隆『江戸服飾史』青蛙房/1998
  • 金沢康隆『江戸結髪史』青蛙房/1998
  • 林美一『時代風俗考証事典』河出書房新社/1977
  • 『新背景カタログカラー版5時代物編』マール社/2009
  • 中西豪・大山格監修『戦国武具甲冑事典』誠文堂新光社/2010
  • 三浦一郎『日本甲冑図鑑』新紀元社/2010
  • 切畑健編『日本の女性風俗史』紫紅社/2003
  • 『背景ビジュアル資料7 城甲冑古戦場武具』グラフィック社/2009
  • 武士生活研究会編『図録近世武士生活史入門事典』柏書房/1991
  • 鈴木啓『図説江戸城の石垣』歴史春秋社/2013