[sd-script]

伊達家家臣伊達成実に関する私的アーカイブ

『伊達日記』42:大内兄弟との駆け引き

『伊達日記』42:大内兄弟との駆け引き

原文

天正十六年二月十二日片平。阿子島。高玉三ヶ所の人数を以大内備前苗代田へ未明に押懸。古城に居候百姓共百人計相果候。本内主水と申者物主に指置候を切腹致させ放火申され候間。太田荒井の者ども亦玉の井へ引籠候。同二月末大内我等所へ申され候は。去年申合候けんきやう申候而切腹に及び申すべく体に候間。会津への申分に御領地へ事切仕候。此上も免許候て米沢へ御奉公成られくれ候へと度々申され候へども。拙者挨拶申候は。いづ方へも事切申されず候。我等知行所へ事切申され候。本内主水切腹仕候間。我等申次は罷成まじく候。誰ぞたのみ申され然べき由申候へば。右よりの使本内主水親類の者仕候。彼の好身共何も玉の井にさし置境目に候。彼もの共我等に訴訟申候は。玉の井の百姓共二本松右京譜代に候間。草を入申にも告申すべきと機遣申候。其上片平助右衛門御奉公申され候へば。一廉事にも阿子島。高玉持兼申すべく候間。大内兄弟御馳走然るべき由申に付。重て米沢へ小十郎を以申上候処に。苗代田打散事口惜思召れ候へども。片平助右衛門迄御奉公仕るべき由申候間召し出せらるべく候。若助右衛門御奉公仕ず候はば。大内計は召し出さるまじき由御意に候條其通申遣候処に。助右衛門御奉公に落居候間。近所の村四ヶ所望書立を越申され候間申上候。備前には保原を下され、助右衛門には望候所御印判され候。助右衛門申され候は。瀨上丹後御勘当に候。我等聟に仕。名代渡申すべく候由約束仕候條。御赦免成られ候様にと申され候。其通申上候はば。中野常陸親類迄も口惜思召され候間。召出され間敷由御意に候。助右衛門申され候は。左候はば御奉公仕間敷候。御印判いただき申も上置申すべき由申されに付。廿日も事延漸々丹後事御前相済申候間。片倉小十郎も備前助右衛門罷出候を二本松へ罷越待申すべき由我等と申合され候。

語句・地名など

現代語訳

天正16年2月12日片平・阿子島・高玉三ヶ所の手勢で、大内定綱は苗代田へ未明に押しかけた。古城にいた百姓100人ほどが臣だ。本内主水という者が城代をしていたのだが、かれを切腹させ、放火したので、太田・荒井の者たちはまた玉の井に籠城した。
同年2月末、大内定綱が私のところに「去年約束したことがばれ、切腹させられそうになったので、会津への言い訳に、貴方の領地に戦をしかけました。これも許して、米沢へ仕えさせてください」と度々言ってきたのだが、私は「どこへことを起こすのではなく、私の領地へ攻め入り、本内主水は切腹までしたということで、私の取次は無理であるから、だれか他の人へ頼むのがよいのでは」と返した。
するとこの使者は本内主水の親類の者で、かれの親戚たちはみな玉の井にさしおかれていた。かれらは私に「玉の井の百姓たちはいずれも二本松の畠山右京に代々仕えた者たちであるので、草をいれるにしても外へ内通するのではないかと心配しなくてはいけません。そのうえ片平親綱が政宗に従うのであれば、敵地である安子ヶ島・高玉も保ちかねて手にはいるでしょうから、大内兄弟を歓迎するべきであります」と言った。かさねて米沢へ片倉小十郎を使わして申し上げた処、苗代田が討たれたことは口惜しく思うけれども、片平親綱が内応するべきであると思われた。
もし親綱が内応しないのであれば、大内のみでは駄目だということを仰ったので、その通り遣わしたところ、親綱の内応が確定した。近所の村四ヶ所を望む書状を遣わしてきたので、それを政宗に申し上げた。定綱には保原を与え、親綱には望むところを与えると印判状をお与えになった。
親綱は「今勘当になっている瀨上丹後は私の聟にございます。かれを名代にしてくださるようお約束お願いしたく思うので、かれをお許しになってくださいますよう」と言った。
その通り申し上げたところ、中野常陸宗時のことは親類までも口惜しく思い、召し使いたくないと仰せになった。
助右衛門は「申しそうであるならば、奉公することはできない。印判状をいただいたことも上におきます」と言った。
20日もたって、ようやく瀨上丹後のことをお許しになったので、片倉景綱は定綱・親綱が来るのを二本松まできて待とうと私と約束しました。

感想

寝返りを決めているのに、定綱が成実の領地に攻め込むという珍事が起こります。定綱は会津への体裁のためだったという言い訳をしますが、さすがの成実も取りなしを他に頼めといいますが、大内定綱は地の利を理由にしきりに訴えます。
そのことを政宗に伝えたところ、片平の寝返りを以て許しました。
すると二人は中野宗時の乱の際に勘気を蒙り勘当された聟である瀨上丹後をも許してくれないかといってきます。
悩んだ末、政宗は許し、二人の到着を成実と景綱は二本松で待つことになります。
ここらへんの駆け引きは非常におもしろいところです。