[sd-script]

伊達家家臣伊達成実に関する私的アーカイブ

総合目次

【ご挨拶】

はじめまして。[sd-script]です。管理人:慶と申します。
こちらは、戦国〜江戸初期の伊達家家臣&ライター武将【伊達成実】(だて・しげざね)に関する趣味の考察ブログです。
「史実」の伊達成実に関するあれこれ(主にかれの著作について)の私的覚え書きと整理が目的です。

素人がやっております単なる趣味のサイトです。
考察・簡単な現代語訳を上げる予定ですが、読めば一目瞭然ですが間違ってる酷い訳です。間違いに気がついたらあとから勝手に書き直します。
計画的なものではなく、気が向いたとき&ところからフラフラテキトーにやっていきます。真面目な研究目的ではなく、ミーハーなファン心故のサイトです。
文法読解など、間違ってるところ多数なので、何かの参考にはされない方がいいと思われます。
ご意見・間違いご指摘・ツッコミ等は大歓迎ですので、コメント等でお気軽によろしくお願いいたします。間違いなどに気づいた場合、過去の記事もことわりなく書き直したりもします。

注:このサイトは御子孫各位・特定市町村・各種研究機関・出版社・著作権者様方…etcとは一切関係ございません。完全にただのいちファンが趣味でしていることです。
営業妨害・名誉毀損・著作権侵害などの意図はございません。
こちら記載の記事に関連して何か不都合な事がございましたら、こちらまでメールをいただけますようお願いいたします。
必ず折り返し返答させていただきますが、連絡先のないものには返答いたしかねます。

【更新履歴】New!!

20170907:心の伊達市民制度についてをup。
20170224:政宗生誕450年イベントをup。
20170116:『政宗記』6-10:会津にて知行判之事『政宗記』6-11:弾正望附新国上総降参事をup。
20161219:『政宗記』6-7:摺上合戦『政宗記』6-8:田村警固事『政宗記』6-9:会津家老忠節事をupしました。
20161018:2016亘理白石秋保/瑞巌寺と政宗展旅行記をupしました。
20160907:2016初秋北海道旅行記をupしました。
20160812:『政宗記』6-6:常隆小野より佐竹・会津に進事をupしました。
20160809:『政宗記』6-5:宇田新地駒ヶ峯出城をupしました。
20160726:『政宗記』6-4:阿久箇島出城附高玉落城をupしました。
20160712:2016夏塩竈松島大崎八幡亘理をupしました。
20160530:『政宗記』6-3:大越紀伊守生害事をupしました。
20160528:『政宗記』6-1:政宗落馬附片平忠節『政宗記』6-2:片平手切附岩城手切事をupしました。
20160316:瑞鳳殿寄進灯籠場所図をupしました。
20160314:以前上げました便利サイトリンクを更新しました。
20160229:読書感想『近代開拓村と神社』に追記しました。
20160208:『世臣家譜』の亘理伊達家・初代〜四代までをupしました。
20160206:読書感想『近代開拓村と神社』をupしました。
20160112:2016冬高野山旅行記をupしました。

これより前の更新履歴はこちら

おしらせ

  • 更新頻度が気まぐれかつ唐突ですが、ご了承下さい。
  • 今まで『成実記』で分類しておりました記事を書名である『伊達日記』に変更しました。(『成実記』と各『伊達日記』にも細かな違いがあるため、誤解を招かないために。合わせて参考にした書名を記すことにしました。)
  • 『伊達日記』に振った番号がところどころずれていますが、お許しください。その内修正します。
  • 『政宗記』記載の地名の注は、合併後地名では(私に)分かりづらいこともあり、大体伊達史料集そのままにしてあります。

【総合目次】

(考察・雑記・雑談・感想の分類はフィーリングです…)

原文:

*1:宮城県図書館版『政宗記』によりながら『成実記』及び仙台叢書版によって校訂を加えられたもの

心の伊達市民制度について

お久しぶりです!
今年に入ってほっとんど更新してなくてすみません!飽きたとかではなくて、春からだらだらと続いた(そしてまた秋になって突入した)体調不良と、文字打ちと訳をする時間がなかなか取れなかったため、更新できなかったんです…(そして今回も記事は上げられない…)。
なので今回も趣の違う紹介記事を!

今回紹介したいのは、心の伊達市民制度です!
亘理伊達家が渡った北海道の伊達市には、「心の伊達市民」制度というのがありまして、登録して伊達市民税(要するに寄付です)を支払うと、伊達産の野菜をはじめとする豪華な特産品(金額に応じて選べます)や伊達市民名刺などが送られてくるのですが、ついでに「伊達市民だより」「地方紙の伊達市に関するニュース切り抜き冊子」噴火湾研究所発行冊子「噴火湾文化」などがもらえます。ふるさと納税制度と似ていますが違います。
詳しくは以下のリンク先にて。
心の伊達市民 | 北海道伊達市

で、先日来た「伊達市民だより」「地方紙の伊達市に関するニュース切り抜き冊子」「噴火湾文化」がきたのですが、その中で面白いものがあったので紹介します。

伊達野菜PR動画

www.youtube.com
www.youtube.com
か、かかかかっけええな!!(≧∀≦)
伊達市でお聞きした話ですが、実際今も農家の方は亘理伊達の家臣子孫の方が多いらしいですよ〜(道の駅の生産者名みたら特徴的な名字の人が…ちらほら…!!w)

噴火湾文化vol.11

噴火湾文化研究所が出しているニュースレター「噴火湾文化vol.11」には2016年10月15日に行われた、東北大名誉教授磯辺彰氏による講演の要旨「戦国大名伊達家の書籍蒐集と伏見政権の文化政策-伊達家の漢籍を中心に-」が載っていました。
伊達家に残る漢籍がいつ頃蒐集されたかや、どういう目的で蒐集されたかなど。
亘理伊達家の蔵書については伊達市にいったものと足利学校に寄贈されたものがだいぶ残っているらしい*1ですが、本家・他の一門の蔵書は散逸が多くて把握が難しいそうな。

心の伊達市民だより

あと心の伊達市民だよりの記事によると、伊達家古文書史料の中には、寛永7年から享和2年までの仙台藩・亘理領土内での出来事を記した『寿台鏡』(「じゅだいかがみ」と読むそうです)という史料があるそうな。
宝永3年に鳥の海から逢隈高屋村まで大波(津波か高潮かは不明)が襲ったという記録があるそうで、それが紹介されていました。寛永7年からの記録…!! 読みてえ…!!
個人的には成実から宗実のあたりだけでもいいんで翻刻して欲しい…!!

あと新聞記事の切り抜き冊子を見ていると、伊達市の人たちがとても身近に感じられます。
……と、本当に美味しいものがたくさんもらえますんで、是非制度を使ってみてください。
特産品のオススメはとうもろこしホタテです!! あとコーンスープもめちゃうま!

さてさて秋は仙台ですよ! 皆様も是非仙台市博で成実甲冑と対面!(笑)

*1:このあたりの事情については山邊進「仙台藩亘理伊達家の蔵書と郷学日就館」日本漢文学研究 No.2/2007に詳しいです

政宗生誕450年イベント

今年は2017年。1567年生まれの政宗の生誕450年イベントが行われるそうです。
わかったらイベント順にこの記事にリンクしていこうと思います。

10/7〜11/27に仙台市博物館で開かれる記念展示。

f:id:queyfuku:20170224184328j:plain
前期と後期で入れ替わりがあるそうです。かなりな数の展示になりそう?
f:id:queyfuku:20170326201917j:plain
成実と片倉景綱・重綱の具足や刀剣が展示されるようです!(≧∀≦) 楽しみ!
成実の鎧が展示されるのは、三十年くらいぶりらしいですよ!(前回は「伊達政宗と家臣たち」という展示)北海道から里帰り〜(≧∀≦)

あとここのページが詳しいです!うう、今年一年仙台に住みたいわ…orz

伊達政宗公生誕450年記念関連企画について - 宮城県公式ウェブサイト

追記。生誕450年公式サイト?

伊達政宗公 生誕450年 | せんだい旅日和

追記。画像が公開されました。



『政宗記』6-11:猪苗代弾正望附新国上総降参事

『政宗記』6-11:猪苗代弾正盛国の望みと新国上総の降参

原文

去ば知行判之割、右にも申す弾正忠節の始より、望の勧賞一紙に書立差上けるは、
一 会津御手に入程ならば、北方半分を下置るべき事。
一 猪苗代を持兼、伊達へ引除候はば、三百貫の所、堪忍分を下置るべき事。
一 我等より以後、御忠節の者有と云ども、昔より会津に於いて引付如、座上に差置れ、下さるべき事。
  但し、御譜代衆には構わぬ事。
右の三ケ条望ける書立をば、政宗手前に差置給ひ、扨判形には「望の通、聊相違有るべからず、若又伊達へ引除なば、領中柴田に於いて三百貫所領堪忍分に充行べき者也」と、書れける書付をば弾正手前に持故に、知行判の砌御約束の通り、北方半分下されけるやうにと、成実を以て申しけるは、「北方に弾正知行は何程有り、扨何と云郷なり」と尋ね給ふ。弾正「北方に某知行をいかで持候べき、御忠節の始めより、御約束なり」と申す、政宗「只北方分と計り有て、半の字はなき故に、尋ね候」と宣ふ。そこにて「恥入たる申事には候へども、譜代の主君を背き逆意を企候も、一度は立身の為なり、元より北方に所領を持、夫を書立差上なば、居城の猪苗代をも書副候はんや、旁迷惑なる仰せかな」と申す。其上弾正筆者に薄源兵衛と云ける者、其一紙を書けると彼者「半の字なくば、已に生害に及ばん」と云。其にて彼書付を出されければ、案の如く半の字落て、北方分と計りなり。其とき弾正驚入、「重代の主君を背き、天命尽果是非なき事也、此上は訴訟申すに及ばず」とて、猪苗代へぞ帰りける。然りと云ども、政宗「弾正忠節故にこそ、切所の会津をば思ひの儘に乗取ける、さらば」と宣ひ、猪苗代近所・北方にて、五百貫の加増を賜はる。同家老猪苗代阿波・石部下総、今度武略の取次したる勧賞に、五十貫づつ賜はる也。扨右よりの使、三蔵軒にも二十貫文賜はりけり。而して後新国上総、義広方にて政宗へは背きけれども、鉾には叶はずして会津へ参り、降人と成故、本領を賜はりける事。

  寛永十三年丙子六月吉日          伊達安房成実

語句・地名など

柴田:宮城県柴田郡

現代語訳

さて知行割りに関して、前述した猪苗代弾正盛国の寝返りの初めから、望みの報償を一枚の紙に書きあげ、政宗に提出してあった。その内容は、
1、会津が手に入るならば、北方の半分をくださいますこと。
2、猪苗代を領有し続けられず、伊達へ退くこととなったら、三百貫の知行をくださいますこと。
3、私たちよりあとに、伊達に忠節を誓う者が現れましても、昔から会津にいても連絡していたとおり、私たちをそれらより上座に置きくださいますよう。ただし、伊達の御譜代衆での中の序列には関係ないこと。
この三ヶ条を望んだ書状を政宗の手元におき、政宗が送った書状には、「ノボ美濃通り、少しも違いがあってはいけない。もしまた伊達へ退かなければならなかったときは、領内の柴田において三百貫文を知行の堪忍分に充てるべきもの」と書かれた書き付けを猪苗代盛国が持っていたため、知行割りはこのときなさったお約束の通り、北方の半分を下されるようであると成実を介しておっしゃったのだが、「北方に弾正の知行はどれほどあり、何と云う郷であるか」とお尋ねになった。弾正は「北方に私の領地をどうしても持ちたく思います。それは寝返りしました初めからのお約束であります」と言った。
政宗は「ただ北方分とばかりあって、『半』の字はなかったので聞いたのである」と仰った。すると「恥ずかしいことではありますが、代々仕えた主人に背き、寝返りを企んだ私たちでありますが、これは立身のためであります。もともと北方に所領を持ち、それを書き記してさしあげたなら、居城の猪苗代おもお書き添えになったのでしょうか。いろいろと酷い仰りようでございます」と言った。そのうえ、弾正の書状を書き付ける者の中に、薄源兵衛という者がおり、その書状をかくとき「半の字がなくては、ころされるのではないでしょうか」と言った。そのため、この書き付けをだされたところ、考えのとおり半の字を落とし、北方分だけと書いたのであった。
弾正はひどく驚き、「代々仕えた主に背き、天命尽くつきはて、仕方のない事でございます。これ以上は訴えをすることはやめます」と言って、猪苗代へと帰った。
しかし、政宗は「弾正の寝返りがあったからこそ、大変手に入れにくい会津を思うとおりに入手することができたのである。それならば」とおっしゃり、猪苗代の近く、北方で500貫の加増をなさった。
同じく家老の猪苗代阿波・石部下総の今回の戦の取次をした褒美に、50貫ずつ賜った。またその使いをした三蔵軒にも20貫文をお与えになった。その後義広についていて、政宗には背いていた新国上総貞通も、戦で叶わず会津へ参上し、降参し、本領を安堵された。

感想

今度は寝返りをして多いに伊達勢を助けた、猪苗代盛国への知行についての記事です。面白いのは、「もし自分たちより後に臣従するものがいたとしても、自分たちを上座にしてください」という盛国の願いです。
裏切って新たに忠節を誓うにしても、早く、そして役に立った自分たちを一番引き立てて欲しいという望み、忠節にも誇りがあったのでしょう。

『政宗記』6-10:会津にて知行判之事

『政宗記』6-10:会津で知行割りをしたこと

原文

斯て義重、田村の領内大平を攻落し給ふと云ども、其後別の手際もなく、況や次男義広は、会津を鈍性し給ひ、彼是無手際にて、同年の七月二十日に帰陣し給ふ。扨常隆も帰陣坐す。是に依て伊達より、田村へ遺し給ふ警固の勢も、大形帰り伊達・信夫の軍兵計り残りける也。然るに、右の両大将、面々我領分へ引込給へば、政宗会津郡の名主・百姓等を召あつめ、跡の事どもたづね給ひ、古参・新参に限らず忠節忠孝の浅深にしたがひ、それぞれに知行加増を賜はり、上下ともにいさみ悦ぶ事、尋常ならず。然して、原田左馬介会津へ手切の始めより、彼領手に入給はば津川を給ふべしと約束には御坐ども、津川の要害狐戻と云処は、金上遠江在所なり、然るに、遠江摺上にて討死なれども、家督彼城を踏へ、越後へ云寄り政宗へは敵と成。故に左馬介は未所領も拝領せず。然りと云ども、所領加増の其中に建く有ん、先当座物にと宣ひ、三百貫をぞ給はりける。かかりける処に、会津の山中に稲井・北横田・柳取・川口とて彼四ケ所は、未だ手に入給はず。是に依て、其年の八月左馬介に、会津新参へ長井の人数を差添、遣し給ひ、柳取の要害を攻落、撫斬にしければ、残三ケ所は津川へ除ける処もあり、訴訟申し出出城せしむ所も有て、右の四ケ所も落居なり。其外津川は大切所なるに、「卒爾の働き如何有ん」と、左馬介伺ひければ、「其義ならば春中になし給はん、先左馬介には帰れ」と宣ふ。故に津川より罷帰候事。

語句・地名など

鈍性:不明。とんせいと読んで、逐電の意味か。
狐戻:新潟県東蒲原郡津川町津川城址
稲井:南会津郡伊南村か
北横田:大沼郡金山町横田
柳取:南会津郡只見町梁取
川口:金山町川口

現代語訳

こうして佐竹義重が田村領内大平を攻め落としなさったといっても、その後他の動きもなく、まして次男の蘆名義広は会津を離れ、いろいろと不手際であったため、同年の七月二十日に帰陣なさった。また、岩城常隆も帰陣なさった。これによって、伊達から田村に使わしなさった警固の手勢も、大体が帰り、伊達・信夫の兵だけが残った。すると、この大将立ちそれぞれ、自分の領地へ引き込みなさったので、政宗は会津郡の名主・百姓たちをよびあつめ、これまでのことをお尋ねになり、古参・新参の区別なく、忠節・忠孝の深い浅いに随って、それぞれに知行加増をなさった。身分高い者から低い者までみな尋常でなく勇み喜んだ。
こうして、原田左馬助宗時会津へ手切れのはじめから、会津領が手に入れば、津川を与えると約束をしていらっしゃったのだが、津川の要害狐戻というところは、金上遠江盛備の在所であった。金上盛備は摺上原の合戦で討ち死にしたのだが、跡取りの金上盛実が其の城を守っており、越後の上杉景勝へ近寄り、政宗には敵となる。そのためまだ左馬助は所領も拝領していなかった。しかし所領加増の中にあって、よくないと思ったのだろうか、さきとりあえずの領地として、三百貫をお与えになった。
そうこうしているところに、会津の山中に、稲井・北横田・柳取・川口という四カ所は未だに手に入らなかった。このため、この年の8月、原田左馬助宗時に、会津の新しく降参した者へ長井の手勢をつけて派遣し、柳取の要害を攻め落とし、撫で切りにしたところ、残る三カ所は、津川へ退いたところや、訴えをおこし、城をださせたところもあって、その四カ所も手に落ちた。
そのほか、津川は大変重要なところであるため、「急襲は、どうでしょうか」と左馬助が伺ったところ、「そのことならば、春のうちにはどうにかしよう。まず左馬助は帰れ」と仰った。そのため原田左馬助は津川より帰ってきたのであった。

感想

会津での知行割り、とくに原田左馬助宗時に下した所領のことが書かれています。まさに勢い十分のころでしょう。

『政宗記』6-9:会津家老忠節事

『政宗記』6-9:蘆名の家老たちの寝返りのこと

原文

かかりける処に、三橋在馬の中、会津の家老富田美作、平田不休・同名周防・彼三人、「今度御忠節の其賞に、某とも前々持来ける本領は申すに及ばず、三人へ備付の与力の身代相立てられ下さらはんや」と申す。是大分の訴訟なれども、須賀川には義重未出陣、常隆も小森に御坐て田村へ日々の働なれば、先会津を一日も早く究んがため、右の望を承引したまふ。是に仍て三人又申けるは、「会津へ働き給はば、火の手を上て三人の備ひ御人数へ数へ加はり、忠節せん」と申す。此故に会津への働き無勢にては、如何とや思はれけん、名取の人数を呼給ふべしと宣ふ。然る処に、義広会津を持兼、天正十七年己丑六月十日の戌の刻に、在城を打あけ、他国の白川へ蓓んで、浪人となり給ふ。義広本は佐竹より白川の家を、継給ふべきに定りけれども、会津の盛隆、大波三左衛門と云御物上に図らず惨殺され、跡絶ければ、会津の家を継で盛隆の跡目となる。其故に今度白川へ除給ふにも、其昔盛隆を須賀川より引越、猶子となし家を継せ給ふ。父分なる盛氏の取立給ふ、仙道永沼の城主新国上総、其頃迄は会津方にて、義広心安く白川へも引退給へり。故に政宗二十三の六月十一日に、会津の城へ所入し給ふ。然りと云ども、義重・常隆未田村へ働き給へば、白石若狭と伊達成実をば、会津より直に田村へ遣し給ひ、三春に在陣なれども、日々の働と聞へ、重て又会津新参の平田周防に、原田左馬介を差添遣し給ふ。去程に、田村の要害に伊達の人数満々ければ、凡そは浮武者も五六百騎もあらんずらん、敵陣深く働くならば、一合戦参るべしと御方の各申けれども、左はなくして、田村の内下枝と云処へ、常隆働引上給ふを、彼地の者ども、田村右衛門を大将分にして、岩城の人数へ襲、方々の山道を押切、評議なしに取合ければ、岩城の殿思いの外敗北して五十余人討て取、物別れなり。三春へは遠路なれば、俄の助も相叶はず、警固迄にて少討取候由、田村の各物語候事。

語句・地名など

名取(なとり):宮城県名取郡
戌の刻:午後八時
猶子(ゆうし):養子。
下枝:田村郡中田村下枝
御物上(おものあがり・ごもつあがり):昔貴人の持ち物として愛されたもの、一時は寵愛を受けたもののなれの果て。/小姓から取り立てられた者
浮武者:一定の部署につかないで機を見て味方に加勢したり敵を攻撃したりする者。浮備えの武者。

現代語訳

政宗が三橋に在陣しているときに、会津の家老富田美作・平田不休(左京亮)・平田周防の三人が、「今回の寝返りの褒美に、私たちが前々から持っている本領はもちろん、三人へ付いている与力の身代も立ててくださいませんでしょうか」と言った。これはかなり強気の交渉で合ったのだが、未だ須賀川に佐竹義重、小森に岩城常隆がいて、田村へ連日の戦闘をしかけていたので、まず会津を先に落とすために、この望みを受け入れなさった。このときにこの三人がまた言ったことには、「会津へ戦闘を仕掛けるのであれば、火の手を上げて、三人の手勢が伊達勢の軍勢へ加わり、裏切りを致しましょう」と言った。このため、会津への働きが手勢が少なくてはいけないとおもわれたのだろうか、名取郡の手勢を呼ぶようにと仰られた。
そうこうしているところに、蘆名義広は会津を保ちかねて、天正17年6月10日の戌の刻に黒川城を開城し、他国の白河へと逃げだし、浪人とおなりになった。蘆名義広はもともと佐竹から白河の家を継ぐように決まっていたのだが、会津の蘆名盛隆が大場三左衛門という小姓上がりの寵臣に不意に惨殺され、跡継ぎがいなくなったので、会津蘆名の家を継いで盛隆の跡継ぎとなった。そのために今回白河へ退くのも、その昔盛隆を須賀川より呼び寄せ養子となして家を継がせなさった。父親分である盛氏が取り立てた、仙道長沼の城主新国上総貞道が、その頃までは会津方であったため、蘆名義広は心安く白河へ退きなされた。
そのため政宗が23歳の年の6月11日に、会津黒川の城にお入りになった。しかし、佐竹義重・岩城常隆はまだ田村へ侵攻をしていたので、白石若狭宗実と伊達成実を会津から直接田村へおつかわしになり、三春に在陣していたのだが、連日の戦闘の話をきき、重ねて会津から新参となった平田周防に、原田左馬助宗時を添えておつかわしになった。すると、田村の要害に伊達の手勢でいっぱいになったので、おそらく機を見て加勢しようとした者が5,600騎もいたのでございましょう。敵陣深く戦闘し、一合戦するべきであるとおのおの言っていたけれども、そうはならず、田村の内下枝というところに岩城常隆が働き引き上げなさったところ、下枝の者たちが田村右衛門清康を大将にして、岩城の勢へ襲いかかり、あちこちの山道を押しきり、評議なしに取り付いたので、岩城政隆は想定外に敗北して50人余りが討たれ、戦は終わった。三春へは遠かったため、急ぎの助勢もすることができず、警固だけにして少しだけ討ち取ったと田村の家臣たちが語っていたことである。

感想

蘆名の家老たちに対する内応工作と田村侵攻への対処が書かれています。
今回初めて知ったのですが、「御物上」という言葉があることに衝撃を受けました。
蘆名盛隆は元寵臣の大庭に討たれました。その後佐竹の義広が養子に入ったので、親佐竹派と親伊達派に別れていたことがわかりますね。

『政宗記』6-8:田村警固事

『政宗記』6-8:田村領の警固のこと

原文

されば右にも申す、同年五月より、義重須賀川へ打出かふか、政宗三橋在馬の内、義重、常隆へ云合せ、南筋より働き給ふと聞へ、伊達より田村へ加勢として、大町参河・中島右衛門・宮内因幡を遣し給へり。義重田村の大平と云処を攻落し、常隆も同領門沢を攻取り給へり。さる程に、因幡と参河は漸引除恙もなし。右衛門は二の丸の役所を離れず、岩城衆を三人討取討死なり。右衛門名誉の者なりしが、可惜兵かなと時の人々惜みけり。然して後、右の両大将田村へ尚も働き給ふと聞へ、重て伊達の家老浜田伊豆・富塚近江・遠藤文七郎彼三人へ伊達・信夫・刈田・柴田の勢を差添、遣し給ふと云ども、今度会津との戦に付、伊達の旗本無人数なれば、浜田伊豆をば阿久ケ島より呼越給ふに、猪苗代へ参合、摺上の合戦にも用立ける事。

語句・地名など

大町参河:『治家記録』によると大町は相馬駒ヶ嶺に在陣したとし、田村派遣を誤りとする。
大平(おおだいら):郡山市大平
中島右衛門:『治家記録』は中島宗意の戦死を否定しているが、『世臣家譜』などによると戦死は事実である。

現代語訳

先の章でも述べたとおり、天正18年5月より佐竹義重が須賀川へ打出ようとしてか、政宗が三橋にいる間に、佐竹義重は岩城常隆へ申し合わせて、南方から戦闘を仕掛けようとしているとお聞きになり、政宗は伊達から田村へ加勢として大町参河・中島右衛門宗意・宮内因幡常清をおつかわしになった。佐竹義重は田村領の大平というところを攻め落とし、岩城常隆は同じく領内の門沢を攻め取りなさった。其のため宮内因幡と大町参河は徐々に退き、無事であった。中島右衛門は二ノ丸の担当を任されたところを離れず、岩城衆を三人討ち取り、自らは討ち死にした。
中島右衛門は名誉の者となったが、なんと惜しいつわものであろうかとそのときの人々は惜しんだ。
その後、佐竹・岩城の両大将はなおも田村へ戦を仕掛けているときき、かさねて伊達の家老浜田伊豆景隆・富塚近江宗綱・遠藤文七郎宗信の三人に伊達・信夫・刈田・柴田の軍勢を添え、おつかわしになったのだが、今回の会津蘆名との戦のため伊達の旗本がいなくなったため、浜田伊豆を阿久ケ島(安子ヶ島)よりお呼びになったが、浜田は猪苗代へ来て、摺上原での合戦にも役立てたのである。

感想

摺上原の合戦の裏で、動いていた佐竹・岩城の田村進行について書かれています。
政宗は家老を派遣し、守護を任せています。

『政宗記』6-7: 摺上合戦

『政宗記』6-7:摺上原の戦い

原文

去程に六月五日の卯刻に、万づ評定し給ふべきとて、各猪苗代の城へ召寄給へば、「会津より働なり」と申す。「昨日も働と申程に、新橋迄景綱・成実出けれども、偽なり。今回も其分ならん」と申しければ、弥人数見けりと云、扨も迚、成実書院の西へ立寄みければ、備余多みへけり。政宗は摺上のみへける櫓に御坐を、成実参り「敵軍働とみえたり、勢を出されべきや」と申しければ、兼て伊達の備定を今度は引替、先陣をば猪苗代弾正盛国、二陣は景綱、三番成実、四番白石若狭五番旗本、左右は大内備前・片平助右衛門兄弟、跡をば浜田伊豆と備定を承り、景綱も成実も一度に立て罷り下れば、郎等共疾に仕度をなして待かけけるを、鎧堅めて打出けるに、会津・佐竹・岩城三家の勢雲霞の如く、新橋より北に段々備へ、夫より湖の方へ働出、近所の在家十間計焼払、猪苗代より出ける人数をみかけ、引上押向ひ摺上の此方にて、盛国と小十郎は合戦を始めけり、扨若狭と成実は、合戦にかまはず、双方の後へ相詰ければ、弾正と景綱人数足跡悪く、崩れそうにみへける程に、若狭も成実も敵中へ駈込ければ、敵崩れかかつて引除、摺上の上迄追付けるを、摺上の下に会津旗本の備扣けるが、押太鼓を打て守返されけるを、政宗旗本を以て助合押返し給へば、摺上の上迄は戦ながら引除けれども、摺上を追降給へば、敵悉く敗北して、夫より追討にし給へけるに、北方を差て迯散、新橋を引、中々人間の通ふべき川になけれども、為方なく飛入水に溺れて死しけるなり。又川鍛錬の者は越けるやらん、向の川岸湿てみへけり。成実は金川の方へ参り罷帰りに、川の様体見けるなり。成実は扨政宗大利を得られ、其夜は猪苗代の城へ引上給ふ。爰に旗本の中村八郎右衛門、御方各居ける前にて、「今日の御合戦乱合、敵にさながら太刀の付所みへざれども、物付なくては、日比の心かけ違と思ひ、見上と頬当の間に目を付け物付けるが、手にこたえなければ大方は切付ぬらん」と云。是を聞程の者八郎右衛門事なれば向て申す者なく、かげにて「如何に八郎右衛門と云ども、今日の程の乱合我人ともに眼に霧降て敵味方を見分難きに見上と頬当の間を物付なんどと云事は余りに過たる荒言かな」とて、時の人々笑けれども、案の如く頬へ切付其場は遯れて引除けれども、軈て相果たりと、後に聞く今に始めぬ中村かなとて、追て人々感じけり。されば政宗猪苗代へ移し給ふ事一日おそかりせば、景綱と成実はたとへは袋の内へ物を入たるが如し、大勢に取込られ滅亡眼前の処に、人々思の外有無の疑を切て六月四日の夜半に猪苗代に乗入、明る五日の卯刻に大軍と取合勝利をえ給ひ、景綱も成実も不思議の命とり、毒蛇の口を遯れたる心地して、あまつさえ会津迄乗取給ふは、古今稀なるべしとて、舌をふるう事、政宗二十三の年也。去ば其昔小田原北条氏、甲州武田信玄を頼み、越後の上杉輝虎の領分松山と云処を、両大将にて攻玉ふ、落城の二日目に、越後へ聞へ輝虎後詰に、前橋と云処迄出られけれども、六日の菖蒲節会に逢ず、華闘果てのちぎりきかなとて、輝虎腹立して小田原の領分に、山根と云要害を攻んとて、氏康・信玄へ使いを以て「松山後詰に出ざる事、輝虎漲ずと批判有べし、如何に後詰に出合ずと云、流石に是迄出向ひ空しくかへらん事、氏康・信玄へ対し、軍の慮外にも相似たり、然ば御領分山根の要害を取詰ん、但し無益ならば両家を以て妨給へ、其ときは城を巻きほごし、退散申すが如何様にも、明日卯の刻に打立」とて二本木の船橋を打渡り、仕損じなば跡へ二度かへられじとて、船橋の綱を切せて、氏康・信玄の御坐陣場に向ひて押通り、彼要害へ押寄一日一夜に攻落し、男女三千撫切して本の道にかかり、以上三日目に越後への帰陣は、末代は知らず、前代にも稀なるべしと云伝ふ。扨政宗猪苗代へ馬を入、会津まで乗取給ふは、輝虎の船橋にもあまり高下はあるまじきかと、家の者ども風聞す。然して後、其夜の御前所へ参りける頸どもの中に、会津親類金上遠江、成実郎等斎藤太郎右衛門、其年二十六歳にて、太刀共に討取持て参る、政宗其頸此方へと宣ふ。折敷にのせて差上るを、右の腋へ呼で持給へる箸を返し口を開、かねくろなりとて、斬口へ其箸を押込下より上へくるりと押返し、大きなる頸なり、一太刀に取たりとて引抜取直し、其箸にて物を聞召に、箸はさながら、紅に同じ、見る者興をさまし、誠に鬼神やらんとみへたり。惣じて首帳をしるしけるに、会津の家老佐瀬平八郎を始め、都合三千五百八十余なり。同六日には、会津の内金川へ働き給へば、堅固にかかへける故、平攻には成難く、明る七日に近陣を仕給ふべしとて、六日には大寺前の原に野陣をし給ふ、然るに、六日跡の朔日に、大森より原田左馬介を米沢へつかわし、最上境と下長井の勢を差置、北条と上長井の人数を相具し、会津の大塩へ働き出、猪苗代より成実・景綱、北方辺を働くならば、末にて出合ける様にと遺し給へば、思ひの外政宗猪苗代へ乗入給ひ、摺上にて勝利を得、会津の衆敗軍と聞へけるに、あまつさへ大塩の城は、引除残て金川・三つ橋・塩川と云、三ケ所持抱ひ、扨其外北方の侍、地下人に至る迄、皆残りなく会津へ引除ける由、左馬介承り、六日の夜に入働所へ参りけるなり。同七日に金川へ近陣を仕給ふべきため、先六日には惣手を引上、仕寄道具の仕度なれば、其夜に右の三ケ所も、会津へ引込故に、政宗も三橋へうつし給ひ、人馬の息を休められ候事。

語句・地名など

金川:福島県耶麻郡塩川町金橋の内。
物付:太刀傷の印の意か。
見上(みあげ):かぶとの鉢のひさし。
後詰(ごづめ):応援のため後方にひかえる軍勢。後攻。
六日:五月五日の菖蒲が六日になったことで、間に合わぬたとえ。
折敷(おしき):食器をのせる盆。片木を折りまげて作ったもの。
六日跡:六日さき
下長井:長井は米沢市および長井町地方。南を上長井、北を下長井という。
北条:山形県東置賜郡赤湯町地方
大塩:福島県耶麻郡北塩原村大塩
北方:喜多方市地方
三ケ所:塩川町金橋の内。
荒言(あらごと):おおげさにいうこと、偉そうにいいはなつこと。
舌を振るう(=舌を振ると同じ):非常に驚き恐れる。
闘果てのちぎりき:諍い果てての棒乳切木/時期に遅れて何の役にも立たないたとえ。けんかすぎてのぼうちぎり。
まきほぐ(巻解):城をとりまいても落城しない場合、その軍勢を引き上げること。
かねくろ:お歯黒。

現代語訳

そうこうしている間に、6月5日の卯の刻に、いろいろなことを集まって相談しなくてはいけないと、それぞれを猪苗代の城へお呼びなさり、「会津から戦闘があった」と言った。「昨日も動きがあると言っていたので、新橋まで景綱と成実が出たけれども、間違いであった。今回もそうなのではないか」と申し上げたら、たくさんの軍勢を見たといい、そうであるかと成実が書院の西へいき、見たところ、敵の備えが多く見えた。
政宗は摺上原を見渡せる櫓にいらっしゃったので、成実はそこに行き「敵軍が動き出したのを見た。手勢をお出しになりますか」と言ったところ、いつもは伊達の隊列の定めを今回は変えて、先陣を猪苗代弾正盛国、第二陣を片倉景綱、第三陣を伊達成実、第四陣を白石若狭宗実、第五陣に政宗の旗本とし、左右に大内備前定綱・片平助右衛門親綱兄弟をおき、その後ろに浜田伊豆景隆と備定めを決め、景綱も成実も一度に立って面前から下がると、郎等たちが急いで仕度をして待っていたので、鎧を着用し出発した。会津の蘆名・佐竹・岩城の三家の軍勢は雲霞のごとく新橋より北側に隊列をしき、それから湖の方へでて、近くの家10間ほどを焼き払い、猪苗代からでた軍勢を見て、差し上げ向かい、摺上原のこちらがわで猪苗代盛国と片倉景綱は戦を始めた。そのとき白石宗実と成実の軍勢は戦には加わらず、双方の後ろへ詰めていたところ、盛国と景綱の手勢は足下が悪く、崩れそうに見えたため、白石宗実も成実も敵の中へ駆け込んだところ、敵は崩れて引き下がり、摺上原の上まで追い付いたところ、摺上原の下に蘆名の旗本の隊列が控えていたのが、押し太鼓を打ちながら守り返されたのを、政宗は旗本を使い、助け合って押し返しなさった。摺上原の上まで戦いながら退いたのだが、摺上原の追い掛け降りなさったところ、敵はことごとく敗北して、それから追い討ちになさった。北方をめざして逃散した。新橋は落とされ、簡単に人が通ることができる川ではなかったが、退いてきた人々は仕方なく飛び込み、水に溺れて死んだ。また川で訓練している者は越えたのであろう、向かいの川岸に濡れていたのが見えた。
成実は金川の方へ行った帰りに、川の様子を見た。成実はそういう状態で、政宗は大勝利し、その夜は猪苗代城へお引き上げなさった。
このとき、旗本の中村八郎右衛門、おのおのがいらっしゃる前で、「今日の合戦は乱れあったため敵に対して太刀を突くべきところが見えないくらいだったが、戦闘なしには日々の心懸けが足りないと思い、見上と頬当ての間に目を付けて差したが、手応えがなかったので、だたいは切りつけられただろう」と言った。
これを聞いた者たちは八郎右衛門のことなので、正面切って言う者はいなかったが、影で「いかに八郎右衛門であっても、今日ほどの乱れ具合ならば、自分も相手も目に霧がおりて、敵味方を見分けがたく、見上と頬当ての間を突き刺すということはあまりに過ぎた大げさないいぐさだろうか」といって、そのとき人々は笑ったのだが、考えたとおり、頬へきりつけ、その場は逃げて退いたのだが、やがて果てたと後に噂になった。相も変わらぬ中村であるなあとのちのち人々は感心した。
さて政宗が猪苗代へお移りになるのが一日おそかったならば、景綱と成実はたとえるならば袋の中へものを入れるかのようで、大勢に取り込まれ滅亡が目の前であったというのに、人々の予想を裏切り、六月四日の夜半に猪苗代に乗り入れ、明くる5日の卯の刻に大軍と戦い勝利を勝ち取りなさった。景綱も成実も不思議に命を拾い、毒蛇の口から逃れたような気分になり、さらに会津まで占領しなさったのは、いにしえにも現在にも稀なことであろうと非常に驚いたのは、政宗23歳のころであった。
その昔、小田原の北条氏が甲斐の武田信玄を頼りに、上杉輝虎(謙信)の領分の松山というところを、両人を大将にたてお攻めになった。落城の2日目に、越後に情報が届き、輝虎は前橋というところまで出馬したのだが、間に合わなかったため、喧嘩が終わったあとのちぎりきのようなものだと輝虎は腹を立て、小田原の領内の山根という要害を攻めようとして、氏康・信玄へ遣いを出し「松山の後詰めにでなかったこと、輝虎がやる気をださなかったと批判があるであろう。たとえ後攻めにいなかったといっても、流石にここまで出向いて空しく帰ったこと、氏康・信玄に退位し、戦の無礼にも似ている。なれば領内の山根の要害を取り立てましょう、ただし、無益であるなら、両家をあげて妨害なさいませ。もしそのときは城を落城させずに退き、逃げますが、どのようにでもしてください。明日の卯の刻に出発します」と言って、二本木の船橋をわたり、もし失敗したら、絶対に帰られないようにと船橋の綱を切らせ、氏康・信玄のいらっしゃる陣場に向かって押し通り、その要害へ押し寄せて、一昼夜で攻め落とし、男女3000人を撫で切り本街道にかかり、3日目に越後へ帰陣したことは、未来はしらないが今までには稀であることだと言い伝えられている。この政宗の猪苗代へ馬を進め、会津まで占領なさったのは、輝虎の船橋攻めにも比肩する成果ではないかと家中の者たちはしきりに話した。
その後、その夜の政宗の前に運ばれてきた首の中に、会津蘆名家の一門衆金上遠江盛備の首があった。成実の家臣斎藤太郎右衛門というそのとき26歳の者がいたのだが、太刀とともに首を討ち取り、持ってきた。政宗は太郎右衛門に首をこちらへと仰った。盆にのせてさしあげたとこおろ、右のわきへお呼びになり、持っていた箸を使って口を開き、「お歯黒をしている」と言って、首の切口へその箸を押し込み、舌から上へくるりとひっくり返し、「大きな首だ、一太刀にとった」と言って引き抜き、取り直した。その箸にてものをお食べになったので、箸はさながら紅のようで、見る者は興ざめ、気まずい雰囲気になり、誠に鬼神ではないかと見えた。そして首の記録を記したところ、会津蘆名の家老佐瀬平八郎をはじめ、全部で4580余りであった。
6日には、会津の領内金川というところを攻めなさったところ、堅固に守ったため、ただひたすらに攻めることは出来ず、あくる7日に近くに陣をしこうと、6日には大寺の前の原に野陣をしきなさった。そして6日あとの朔日に、大森から原田左馬助宗時を米沢へ使わし、最上との境と下長井の勢を配置し、北条と上長井の軍勢を引きつれ、会津の大塩に兵を進め、猪苗代から成実・景綱が北方辺りに攻め込んだら、最終的に対面できるようにと使わしなさったところ、想定外に政宗が猪苗代へ乗り入れなさり、摺上原にて勝利し、会津の衆は敗軍と聞こえたためか、大塩の城は引き上げており、残りは金川・三橋・塩川という三カ所のみとなり、その他北方の侍・下働きのものに至るまでみな残りなく会津黒川城に退いたことを原田宗時は聞き、6日の夜になって、陣場に来たのである。
7日に金川へ近陣を敷くため、まず6日にはすべての軍勢を引き上げ、攻め道具の用意をしていたら、その夜にその三カ所も会津へ退いたため、政宗は三橋城へ入り、人と馬を休ませなさったのである。

感想

摺上原の合戦のことが書かれています。
政宗を褒めちぎるために上杉謙信の船橋攻めのことが上げられ、それにも比肩するのではないかと書かれています。それほどの快進撃だったのでしょう。
合戦の途中、溺れていく人であふれる川を静かに見つめる成実の姿が眼に浮かぶようです。こういうちらっとした描写が成実の文は印象的でとても面白いです。
そして会津蘆名の一門衆で重臣であった金上盛備の首実検のときのことが書かれています。箸で首をぐりぐりする政宗、その箸でものを食べたため、紅を使ったかのように血で唇が染まったのでしょうか。鬼神のようだと記しているところもおそらくこれは成実の感想でしょう。
今の人間とは価値観が違うのは仕方有りませんが、近づきがたい壮絶な美しさがあったのでしょう。この描写も非常に面白いです。

2016秋亘理白石秋保/瑞巌寺と政宗展

10月10〜12日と、Fさんとはらこ飯ツアーに行ってきました!
今回の目的ははらこ飯食べること!佐勘に泊まって古文書や鎧見ること!でした。

おなじみの悠里館! でも今回ははらこ飯がメインです!
f:id:queyfuku:20161010134058j:plain
新聞で読んだAら浜さんに行こうと思っていたのですが、50組待ち、どの店も数時間待ち…ということで、タクシーの運転手さんが知ってるちっさいお店に変更。でもそこも私らの次の次の組の人で「もう具がないので」って断られていたので、ぎりっぎりでした!はらこ飯人気ぱねえ!
f:id:queyfuku:20161010132029j:plain
美味しかった〜。

そして白石へ移動。
何にでも乗っかる白石の貪欲な姿勢好きです。
f:id:queyfuku:20161010145423j:plain
f:id:queyfuku:20161010145458j:plain
お梅ちゃん萌えキャラ。
f:id:queyfuku:20161010145726j:plain
そして白石城。
f:id:queyfuku:20161010151734j:plain
大手門。
f:id:queyfuku:20161010151822j:plain
城内では正子公也先生の武将絵個展をやっていました。政宗&成実&小十郎親子の絵がかっこいい!イラスト集が売っていましたのでそれも購入。

仙台駅からバスで秋保温泉へ。
佐勘というのはこちら。政宗以降仙台藩主が愛した温泉。佐勘というのは政宗から湯守を任された佐藤勘三郎が当主をしている温泉宿。ちょっとお高い宿なので普段なら泊まる気にはなれないのですが、拝領した古文書や鎧などがあるため、いつか泊まりたいと思っていたら、連休最終日&夕飯無しの割安プランがあったので、Fさんと一緒に泊まりました。
f:id:queyfuku:20161011085049j:plain
ねぶた政宗がお出迎え!
f:id:queyfuku:20161010194745j:plain
高野山から取り寄せ、以来ずっと灯されているという火。
f:id:queyfuku:20161010194904j:plain
f:id:queyfuku:20161010194909j:plain
秀宗の鎧。前立てが柊です!
f:id:queyfuku:20161010194933j:plain
拝領のもの。
f:id:queyfuku:20161010195025j:plain
f:id:queyfuku:20161010195029j:plain
f:id:queyfuku:20161010195014j:plain
忠宗の和歌。
f:id:queyfuku:20161010195326j:plain
f:id:queyfuku:20161010195322j:plain

翌日は石ノ森章太郎萬画館に行った後、久しぶりに瑞鳳殿へ。
拝殿の修復工事中でした(瑞鳳殿自体は見られます)。
おそらくこれが成実の奉納灯籠の礎石後?
f:id:queyfuku:20161011154802j:plain
f:id:queyfuku:20161011154939j:plain
駅で牛タン食べました。
f:id:queyfuku:20161011171316j:plain
Fさんと別れ、東京で一泊。
翌朝、三井記念美術館でやっています、瑞巌寺と政宗展を見てきました。
f:id:queyfuku:20161012095324j:plain
成実関係のものはなかったですが、いろいろなものが集められていてよかったです!グッズめっちゃいっぱい買ったよ…。

はらこ飯の人気に驚愕した秋旅でした。

2016初秋北海道

9月3~5日、北海道に行ってきました!何年ぶりか忘れていましたが、三年ぶりでした!
実を言うと、「次に行くのは(記念館の改修がおわるという)2018年かな〜」とずっと思っていたのですが、「2018年まで待てないね…」ということで、いつも一緒に旅行して下さるTさんと行ってきました。
今回の目的は琴似の屯田兵関係施設と、漫画ゴールデンカムイ関連のアイヌ関係施設が目的でした。ゴールデンカムイ面白いですオススメです。

初日

新千歳空港から新札幌まで向かい、北海道厚別区の開拓の村・北海道博物館へ。
開拓の村はこんな感じ。北海道開拓の村
北海道博物館はこんな感じ。北海道博物館
開拓の村はミニ明治村という感じで、北海道中のいろんな建物が移築されています。明治建築好きなら楽しめるかと!(≧∀≦)
そしてちょっと奥ではありましたが、伊達の岩間家住宅を発見!
f:id:queyfuku:20160903131409j:plain
f:id:queyfuku:20160903130933j:plain
f:id:queyfuku:20160903131023j:plain
f:id:queyfuku:20160903131030j:plain
f:id:queyfuku:20160903131124j:plain
f:id:queyfuku:20160903131131j:plain
床の間に「藤原邦成」(=伊達邦成)からの掛け軸が!
f:id:queyfuku:20160903131242j:plain
f:id:queyfuku:20160903131331j:plain

他にも開拓の村内にはこんな建物がたくさん。時間があったらもっとゆっくりしたかったです。
f:id:queyfuku:20160903124522j:plain
f:id:queyfuku:20160903124622j:plain

新札幌から地下鉄に乗り、地下鉄琴似駅へ。
武早智雄命こと伊達成実や保科正之が祀られている琴似神社は駅のすぐそば。
ふと気づくとこんな幟が。
f:id:queyfuku:20160903143735j:plain
えっ。調べていかなかったのですが、なんとこの日、9月3日・4日が秋の例大祭だったのです!
参拝客もたくさん、出店・子供もたくさん! 立派に祭神なのを見られて嬉しかったです〜。
f:id:queyfuku:20160903144337j:plainf:id:queyfuku:20160903144350j:plainf:id:queyfuku:20160903144353j:plainf:id:queyfuku:20160903144903j:plain
f:id:queyfuku:20160903144638j:plain

神社の横に屯田兵村の家屋が移築されておりました。
f:id:queyfuku:20160903145013j:plain
外から見て。
f:id:queyfuku:20160903145314j:plain

そして駅の近くにも残されていた琴似屯田兵村家屋があったので寄ってみると。
f:id:queyfuku:20160903151804j:plain
亘理町小堤村(亘理の大雄寺があるあたりです)の清野ということはあの!清野の御子孫!(か親戚!か)(おそらく)

f:id:queyfuku:20160903152140j:plain
f:id:queyfuku:20160903162743j:plain:h300
そして急いで小樽総合博物館でやっている、ゴールデンカムイ展へ。
野田先生のお持ちの熊の毛皮が展示されており、「優しく触ってね」って書かれていたので触ってきました。コシのあるふさふさ毛でした。
f:id:queyfuku:20160903172005j:plain
その後小樽の岬の端にあるニシン御殿へ。朝ドラマッサンでも出てきましたね!
f:id:queyfuku:20160903172047j:plain
小樽の町を見下ろせる、ものすごい立地でしたが、断崖絶壁過ぎて怖い!
f:id:queyfuku:20160903172217j:plain

二日目

北海道在住のYうさん親子と合流し、白老ポロトコタン&白老アイヌ博物館へ。
f:id:queyfuku:20160904120941j:plain
でかい!
f:id:queyfuku:20160904130957j:plain
鮭のオハウ! ヒンナヒンナ!

そして側にある伊達白老陣屋に。
f:id:queyfuku:20160904143315j:plain
しかし!(泣)
f:id:queyfuku:20160904143410j:plain:h300
台風10号のせいで陣屋あとの大木が多々倒れているため、中には…入れなかった…orz
まあそれは仕方ないのですが、移動中や伊達市に入ってからも木がばっきばきに折れているところがたくさんあって、とても残念な気分に。
f:id:queyfuku:20160904143421j:plain
外からですが、こんな感じでした。
夕方に伊達に到着。

三日目

そして伊達の町を散策。
f:id:queyfuku:20160905100537j:plain
北海道の方の大雄寺!
f:id:queyfuku:20160905100626j:plain
f:id:queyfuku:20160905101630j:plain
家紋が入ってる手水処。
f:id:queyfuku:20160905101104j:plain
館山チャシ跡から海を見る。
f:id:queyfuku:20160905125220j:plain
海を見る。
f:id:queyfuku:20160905150507j:plain
ではさらばっ!
f:id:queyfuku:20160905155450j:plain
星がついているところが今回行ったところ。
f:id:queyfuku:20160907095837p:plain
運良く台風被害の影響には合いませんでしたが、開拓記念館などの廻りの木も沢山折れていて、台風被害の大きさを伺いしれました。早く復旧するよう祈っております。

今度は2018年(成実生誕450年!)に来てみたいです!(≧∀≦)