[sd-script]

伊達家家臣伊達成実に関する私的アーカイブ

総合目次

【ご挨拶】

はじめまして。[sd-script](「エスディー・スクリプト」と呼んでいただければ…)です。
管理人:慶と申します。
こちらは、戦国〜江戸初期の伊達家家臣&ライター武将【伊達成実】(だて・しげざね)に関する趣味の考察ブログです。
「史実」の伊達成実に関するあれこれ(主にかれの著作について)の私的覚え書きと整理が目的です。

素人がやっております単なる趣味のサイトです。
考察・簡単な現代語訳を上げる予定ですが、読めば一目瞭然ですが間違ってる酷い訳です。間違いに気がついたらあとから勝手に書き直します。
計画的なものではなく、気が向いたとき&ところからフラフラテキトーにやっていきます。真面目な研究目的ではなく、ミーハーなファン心故のサイトです。
文法読解など、間違ってるところ多数なので、何かの参考にはされない方がいいと思われます。
ご意見・間違いご指摘・ツッコミ等は大歓迎ですので、コメント等でお気軽によろしくお願いいたします。間違いなどに気づいた場合、過去の記事もことわりなく書き直したりもします。

注:このサイトは御子孫各位・特定市町村・各種研究機関・出版社・著作権者様方…etcとは一切関係ございません。完全にただのいちファンが趣味でしていることです。
営業妨害・名誉毀損・著作権侵害などの意図はございません。
こちら記載の記事に関連して何か不都合な事がございましたら、こちらまでメールをいただけますようお願いいたします。
必ず折り返し返答させていただきますが、連絡先のないものには返答いたしかねます。

【更新履歴】New!!

20180907: 『伊達日記』25:大崎の内紛『伊達日記』26:氏家弾正の内応『伊達日記』27:名生城の様子『伊達日記』28:弾正の苦悩『伊達日記』29:評定にて『伊達日記』30:黒川月舟斎についてをupしました。
20180903:『伊達日記』19:合戦の褒賞『伊達日記』20:渋川合戦『伊達日記』21:二本松衆の内応『伊達日記』22:二本松開城『伊達日記』23:合戦後処理『伊達日記』24:清顕の死をupしました。
20180902: 『伊達日記』18:人取橋合戦をupしました。
20180826:『伊達日記』14:畠山義継との交渉『伊達日記』15:輝宗生害事件『伊達日記』16:戦と降雪『伊達日記』17:二本松籠城をupしました。
20180825:『伊達日記』5:青木修理の内応『伊達日記』6:竹屋敷移陣と小手森攻め『伊達日記』7:青木修理の証人替え『伊達日記』8:二本松境について『伊達日記』9:政宗、田村領へ『伊達日記』10:9月24日攻撃『伊達日記』11:4人の移動『伊達日記』12:岩角への移動『伊達日記』13:小浜自焼をupしました。
20180820:『伊達日記』1:政宗の家督相続、大内定綱の反逆、檜原への出陣『伊達日記』2:二本松との境の状況『伊達日記』3:猪苗代盛国への内応条件『伊達日記』4:猪苗代盛国の内応の結果をupしました。旅行記&写真に2018夏南相馬亘理をupしました。
20180810:『政宗記』5-4:窪田番手持附矢文事『政宗記』5-5:岩城より無事扱事『政宗記』5-6:最上より泉田安芸返し給事『政宗記』5-7:三春番代附浪人払『政宗記』5-8:岩城へ景綱使者附成実異見をupしました。
以上で伊達史料集版『政宗記』の文字打ち&拙訳付け終わりました。酷い訳なので、今後もちょくちょく見つけてはブラッシュアップしていきたいとは思っていますが、それはおいおい。次は群書類従版『伊達日記』or軍記類纂版『政宗公御軍記』あたりをぼちぼちと上げていきたいです。
20180809:『政宗記』5-2:陣場定事『政宗記』5-3:須賀川衆先陣辞退事をupしました。
20180808:『政宗記』4-9:大越退治訴訟之事『政宗記』5-1:安積郡山対陣事をupしました。
20180807:『政宗記』4-6:会津働事『政宗記』4-7:田村家老衆訴訟之事『政宗記』4-8:義胤、田村取損給之事をupしました。
20180803:『政宗記』4-1:大内伊達へ望之事『政宗記』4-2:大内備前手切之事『政宗記』4-3:成実領地草調儀之事『政宗記』4-4:大内備前政宗前相済ける事『政宗記』4-5:石川弾正草入之事をupしました。
20180725:旅行記&写真に2018夏北海道をup、【感想】能『摺上』をupしました。
20180530:『伊達日記』群書類従版・目次をup。
20180330:忠宗の心配-成実晩年の容態について-北海道の成実生誕450年記念イベントをup。
20180125:『政宗公御軍記』1-1:政宗公十八の御年、御家督御継ぎなされ候事をup。
20180116:『政宗記』3-8:月舟訴訟事『政宗記』3-9:最上より大崎へ使者の事『政宗記』3-10:永江月鑑死附弾正誓紙『政宗記』3-11:黒川月舟死罪逃れらる事をup。

これより前の更新履歴はこちら

おしらせ

  • 更新頻度が気まぐれかつ唐突ですが、ご了承下さい。
  • 今まで『成実記』で分類しておりました記事を書名である『伊達日記』に変更しました。(『成実記』と各『伊達日記』にも細かな違いがあるため、誤解を招かないために。合わせて参考にした書名を記すことにしました。)
  • 『伊達日記』に振った番号がところどころずれていますが、お許しください。その内修正します。
  • 『政宗記』記載の地名の注は、合併後地名では(私に)分かりづらいこともあり、大体伊達史料集そのままにしてあります。

【総合目次】

(考察・雑記・雑談・感想の分類はフィーリングです…)

原文:

*1:宮城県図書館版『政宗記』によりながら『成実記』及び仙台叢書版によって校訂を加えられたもの

『伊達日記』30:黒川月舟斎について

30:黒川月舟斎について

原文

一 黒川月舟逆意の底意は、月舟伯父式部大夫を、輝宗公御代に御奉公に上げられ候飯坂の城主右近大夫息女に誓約仕、名代を相渡すべき由申合され候へども、息女十計の時分三十計の人に候間、今に祝言之無く候。右近大夫存分には年もことの外ちがひ候。式部太夫年入候間、その身の隠居もはやく之在るべく候。政宗公御目かけにも上げ候はば、彼腹に御子も候はば名代に相立、家中のため能之在るべき由思案申され候。遠返申され候に付、式部大夫迷惑に存。月舟所へ参られずを後へ引切申され候。此恨又月舟は大崎義隆御為に継父に候。義隆御舎弟義安を月舟の名代続にと申され伊達元安の聟に申され候て、月舟手前に置申され候間義隆滅亡候へば、已来は其身の身上を大事に存られ、逆心をくはだてられ候由相見え申候。

語句・地名など

義安→義康

現代語訳

一、黒川月舟斎晴氏の裏切りの真意は、輝宗公の時代に、月舟斎の伯父式部大夫を奉公にさしあげていた。飯坂の城主右近大夫の息女と約束し、跡継ぎにするよう約束していたのだが、娘はまだ10ほどだったのに、式部は30ほどであったので、まだ祝言を行っていなかった。飯坂右近は年があまりにも違うと思っていた。式部大夫は年をとっているし、右近大夫は隠居も近いだろうとなった。政宗公の側妾にさしあげたならば、その腹に子どもができたなら、跡継ぎにすれば家のためによいだろうと思いました。
約束を破られ、式部大夫は大変なことだと思い、月舟斎のところにも戻らず、縁を切った。この恨みの上、月舟斎は大崎義隆の継父であり、義隆の弟義康を養子とし、伊達元安斎の聟にして、月舟斎の手元に置かれていたので、もし義隆が滅亡したならば、未来の自分の身上を大事に思われ、裏切りを企てたように見えるからである。

感想

黒川月舟斎晴氏については詳しくはこちら。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E5%B7%9D%E6%99%B4%E6%B0%8F
この系譜の図をみてもわかるように、伊達家の親族および大崎家と深く繋がっていた人です。
小田原参陣せず、領地を没収されましたが、政景の庇護で余生をすごしたそうです。
この話題になっている式部と娶せられるはずだった娘が政宗の側室飯坂氏だと思われますが、たしかに10歳の子を30過ぎの人と婚約させるのはちょっと無理があった…かも…。

『伊達日記』29:評定にて

29:評定にて

原文

一 天正十六年正月十六日大崎へ仰付られ候御人数、伊達上野介、泉田安芸守両大将に仰付られ、粟野助太郎、長井月鑑、高城周防守、大松沢左衛門、宮田因幡、飯田三郎、浜田伊豆、軍奉行小山田筑前、御横目に為しめ、小成田惣右衛門、山岸修理、其外諸軍勢を遠藤出羽守城松山へ遣わされ候。大崎に伊達御奉公は氏家弾正、湯山修理亮、一栗兵部少、一廻伊豆、宮野豊後、三々廻之、富沢日向何も岩出山近辺の衆に候。其外は義隆公に候。松山従りは手越候間、此人数打加べき地形にも之無く候。松山に於いて上野介、伊豆、安芸守、其外いずれも寄合評定には、今度大崎御弓矢黒川月舟御奉公申され候はば、幸四竈尾張も申寄られ候條、岩出山へも間近候。然るべき儀に候へども、月舟逆意仕られ桑折の城へ入伊達勢押通候はば、川北の室山にこもり候衆へいひ合せ防ぐべき由存ざると相見え候間、はたらきの調儀何と候はんと評定に、遠藤出羽守申候は新沼の城主上野甲斐私の妹聟に候間、御当家へ代々御忠節のものに候間、室山に押を差置かれ中新田へ打通られ候はば、別儀あるまじき由申され候。上野申され候は、中新田へ二十里余の通、敵の城を後に両地指置押通候事機遣の由申され候はば、泉田安芸守所存は、上野久敷我等と中悪候。其上今度大崎の弓矢の企我等申上、御人数相向はれ候。月舟は上野介の舅に候。彼是今度の弓矢上野情に入間敷由存ざれ、出羽守申さるる所尤に存候。氏家岩出山に在陣仕伊達勢の旗先をも見申さず候はば力を落、又義隆へ御奉公申さるるも計り難く候間、室山には押を差置かれ打通られ然るべき由申され候間、是非に及ばず中新田への働に相さだまり候。

語句・地名など

現代語訳

一、天正16年1月16日、大崎へ向けて命令された軍勢は、伊達上野介・泉田安芸守を両大将にお命じになり、粟野助太郎・長井月鑑・高城周防守・大松沢左衛門・宮田因幡・飯田三郎・浜田伊豆、小山田筑前をいくさ奉行とし、小成田惣右衛門・山岸修理を目付役にした。そのほか諸軍勢を遠藤出羽守の城松山へおつかわしになった。
大崎で、伊達に内応を決めていたのは氏家弾正・湯山修理亮・一栗兵部少・一廻伊豆・宮野豊後・三々廻之・富沢日向、いずれも岩出山近くの衆である。そのほかは義隆についていた。
松山からは手越えになるので、この人数が通れる地形ではなかった。
松山において、上野・伊豆・安芸その他全員で行った評定で、今回の大崎の戦で、黒川月舟斎がこちらへ内応するというのなら、幸い、四竈・尾張もこちらへ寄ってくるだろうから、岩出山へも近い。しかし、もし月舟斎が裏切り、桑折の城へ入り、伊達勢を押し通すならば、川の北の室山に籠もっている衆へ言い合わせて防ぐのがいいだろうと思っていると見えたので、どのように戦略を調えようかと話し合いになった。遠藤出羽守は「新山の城主上野甲斐は私の妹聟でありますので、伊達家へ代々仕えているものでございます。なので室山に抑えをおかれ、中新田へ通られるのであれば、危険なことはないでしょう」と言った。
伊達上野介政景は「中新田へ20里あまりの間、敵の城を後ろに、両地をさしおいて押し通るのには心配である」と言ったので、泉田安芸は「上野は長く私とは仲が悪い。その上今回の大崎の戦の計画を私が申し上げ、軍勢を向かわせることになった。月舟は上野の舅である。かれは今度の合戦では情を入れるべきではない」と思い、出羽守のの言うことがもっともであると思った。「氏家が岩出山に在陣し、伊達勢の旗を見つけることができなければ、力を落とし、また義隆の方へ寝返るかも予測しにくいので、室山には抑えを置き、通るべきである」と言ったので、仕方なく中新田への働きが決まりました。

『伊達日記』28:弾正の苦悩

28:弾正の苦悩

原文

一 弾正所存に、不慮の儀を以普代の主君を相背、伊達殿へ御奉公仕候。天道も恐敷存候。流石に主君の御子勝三郎を某引立、政宗公へ参傍輩に成り奉る事も天命も口惜しく、仏神三宝にも放奉るべきと感て、中新田の御留守居南條下総所迄正三郎殿を送り奉り候。二人の御方は義隆にも正三郎殿にも離され候て明暮御歎きに候。御自害も流石罷成らず。御なみだのみにて候。

語句・地名など

勝三郎→正三郎

現代語訳

弾正は思いも寄らない出来事で、代々使えた主君を裏切り、伊達へ奉公することになった。天の定めた道にも背く恐ろしい事である。さすがに主君の子正三郎を私が引き連れ、伊達へ送り、同僚になるとなれば、天命にも背き、仏神三宝にも見放されるだろうと思い、新田の城代南條下総のところまで正三郎をお送り申し上げた。二人の北の方は、義隆からも正三郎からも離されて、歎き明け暮れていた。自害することはさすがにできず、泣くこと以外できずにおられた。

感想

氏家弾正は仕方なく伊達へ内応することにしたけれども、正三郎を政宗に引き渡すことはさすがにできないと思い、やめたことが書かれています。ここの弾正の悩みはまことに人間らしいところが出ているなあと思います。

『伊達日記』27:名生城の様子

27:名生城の様子

原文

— 名生の城は義隆新田へ御越以来明所に成候を、義隆の御台と御子正三郎殿御袋に御東と申御方二人をば人質に名生の城に押置、御守には弾正親三河守、伊場惣八郎を指添差置申候。

語句・地名など

現代語訳

一、名生の城は、義隆が新田へ移ったあと、空所に成っていたが、義隆の正室と子正三郎の母で於東という女性がおり、二人を人質として名生の城に置いた。首尾には弾正の親氏家三河守と伊場惣八郎を添えて置きました。

『伊達日記』26:氏家弾正の内応

26:氏家弾正の内応

原文

氏家弾正所存には、扨々移ればかはる世中にて刑部少一党伊達を賴入義隆へ逆意を存立砌は、私一人御奉公を存名生の御城籠城なさるべく候間、岩出山を引移御切腹之御供仕るべき由存詰候処に、案の外義隆我等を御退治ならるるべき御企是非に及ばず候。此上は我等伊達を頼入義隆退治申命をまぬがれ度存候て、弾正家中片倉河内守、真山式部少と申ものを申付米沢へ相登りなされ片倉小十郎を以て政宗公へ申上候子細は、新田刑部少身類の者共義隆へ逆心仕、米沢へ頼入べき由申上候処に、不慮に刑部少輔義隆を生捕、伊達御奉公を返約仕義隆を取り立て申すべき所存に付、某滅亡体に及ぶべくに候條政宗公御助勢を下され候はば、大崎を容易取上可申由申上候に付、小十郎其由披露申られ候処に、政宗公年来義隆へ御恨と云刑部少一党御奉公違返口惜思召され、氏家弾正を引立べき由仰出され候。弾正使河内、式部に小十郎御意の通を申きかせられ候。両人喜急岩出山へ罷下、弾正に御諚之通為申聞候へば、尋常ならず喜入申され候。

語句・地名など

現代語訳

氏家弾正吉継は、「そもそも移ろい変化する世の中であり、新田刑部少輔の一党が伊達へ頼み義隆へ裏切りの意思を持っていた頃は、私一人が奉公を続け、名生の城で籠城しようと思われるのであれば、岩出山から移り、切腹の御供をしようとまで思い詰めていたところに、予想外に義隆が私を退治なさろうと企むのであれば仕方がない。このうえは私も伊達を頼み、義隆を退治し、生き延びよう」と思い、弾正の家臣、片倉河内守・真山式部少輔という者に命じて米沢へ送り、片倉小十郎を会して詳細を政宗公に申し上げた。近習の新田刑部が親類の者たちと一緒に義隆を裏切り、米沢へ頼り申し上げたところ、予想外に刑部が義隆を生け捕り、伊達への奉公の約束を破り、義隆を盛り立てようとしている。このままでは私は滅亡するだろうから、政宗公のお助けをいただけるのであれば、大崎を簡単に手に入れるようにいたしましょうと申し上げたので、小十郎はそのことを政宗に申し上げた。
政宗公は「日頃義隆には恨みがあった。刑部一党の裏切りに対し、口惜しいと思われ、氏家弾正を引き立てるよう仰った。弾正の使い、片倉河内守、真山式部少輔に小十郎は政宗の言葉を伝えた。二人は喜び、急いで岩出山へ戻り、弾正にお約束のことを伝えたところ、とても喜んだという。

感想

混乱の中、大崎家中で居場所を無くした氏家弾正は伊達へ内応するため、使者を送りました。

『伊達日記』25:大崎の内紛

25:大崎の内紛

原文

一 天正十四年二本松、塩の松御弓矢落居の上、八月米沢へ御納馬成られ候処に、大崎義隆家中二つに分候て政宗公へ申寄候。根本は其比大崎義隆に奉公の小姓、新田刑部少輔と申者之事外出頭仕候。然処に如何様の表裏も候哉。本の様にも之無く候。さりながら相隔られ候儀は之無く候。其後伊場惣八郎と申者近召出され候に付、刑部少輔恐怖を持候。親類多者にて其一類恐怖仕候。然間惣八郎存候ば、我等一人ものにて候間、頼所之無き由存候而岩出山城主氏家弾正と申ものを力に仕度由存、弾正所へ存分之通申理に付、弾正合点引立べき由誓約仕候。さるに依て刑部少輔親類の者ども存候は、氏家取持を心迷惑仕るべく候條、大崎伊達は境論にて御中然無く候條、政宗公へ申寄御加勢を申請、氏家一党惣八郎打果し、義隆にも腹を切せ申すべき所存に候間、其由政宗公へ申上に付御合点成られ、何時成共申上げ次第に御人数を遣わさるべき由仰合わされ候。然ども其比迄義隆に刑部少は奉公仕。名生城にまかり有。然る処に氏家弾正、義隆へ御異見申候は、刑部少故一類の者迄逆意を企政宗公へ申寄候間刑部少に切腹仰付られ候歟。籠舎成られ然るべき由申上候。義隆仰せられ候は、申所尤に思食られ候へども、仇より召仕はれ候ものに候間、其身の在所新田へ送りなさるべきの由仰られ候。各然るべからざる由申候へども、頻りに御意候間是非に及ばず候。義隆、刑部少に仰られ候は、其方一類ども逆意を企候間、其身迄も口惜く思召られ候條、内々切腹仰付らるべく候へども、仇より召仕はれ候間相介られ候。早々新田へ罷越すべき由仰付られ候。刑部少申上候は、御意忝候へども傍輩ども残なく某をにくみ申候間、御本丸を罷出候はば御意に背き候者の由申候て、則討れ申すべく候間、憚多申事に候へども、唯今迄召遣され候御芳恩に中途迄召連られ下され候はば、忝存じ奉る由申上候に付て義隆尤に思召。左様に候はば伏見まで召連相放たれるべく候間御供仕候へと仰せられ候間、御馬二匹御庭へ呼せられ、一匹は義隆、一匹は刑部少御乗せ召連られ候。刑部少が家中の者究竟のもの共二三十人御座候。刑部少は指置、義隆御馬の口を取り、御跡先に付、御供之衆無用之由申候へば、早事を仕出左右に見え候間、力及ばず伏見迄御越、早従是新田へ参候へと仰られ候へば、刑部少は一人も参るべきと存候処に、家中のものども是非新田迄召連られ下さるべき由申候。是非御供申すべき由申候て異儀申され候はば、御供の衆も候はば義隆を討奉るべき気色に候間、是非に及ばず新田迄御越候処に、名生へも返し申さず。新田に留置候。刑部少一党のもの共根塚の城主黒見紀伊守、谷地守の城主森主膳、米沢備前、米泉権右衛門、宮崎民部少、高清水城主弾正、百々城主左京亮、中目兵庫、飯川大隅、黒沢治部少、是は義隆舅にて候。此者ども右は逆心を企政宗公頼入、御威勢を以氏家一党伊場惣八郎打果、義隆にも腹ををきらせ申すべき所存にて候処に、存之外義隆を生捕申、新田に指置申候間、何も心替伊達を相捨義隆を守立、氏家伊場野を退治仕るべき存分出来候て、彼面々義隆へ申上候は、刑部少一類余多申合義隆を取立申にをいては、累代の主君と云誰か疎かに存ずべく候。氏家弾正一人御退治成られ候へば、大崎中は思召の如くになす之由申上候。義隆御所存には彼者ども逆意をくはだて伊達を頼入由聞召之時分は、氏家一人御奉公を存寄、御腹の御供仕るべき由申上候。弾正の御退治ならるるべき儀は之無き由思召候へども、新田に押留訴訟申候間、力及ばず尤の由仰せられ候。

語句・地名など

新田→新井田

現代語訳

一、天正14年二本松・塩松を手に入れたあと、8月米沢へお帰りになられたところに大崎義隆の家中が二つに分かれて政宗へ近寄ってきた。
その原因はなにかというと、その頃大崎義隆に奉公している新田刑部少輔という者が非常に寵愛を受けていた。しかしどんな裏があったのだろうか、元のようには戻れなかったのだった。しかしながら、距離はもとのままでした。
その後、伊場惣八郎という者を近く使われるようになり、刑部は恐怖を抱くようになり、親戚が多い者であったので、みな一同恐怖を抱くようになりました。
伊場惣八郎は私は一人であるので、頼むところがないので、岩出山城主氏家弾正という人を頼りにしようと思い、弾正のところへ思っていることを告げると、氏家弾正は引き立てることを約束したのである。
このため、新田刑部の親類の者たちは氏家弾正が取り持ちするのであれば、大変困るだろうとなった。大崎と伊達は境目であったので、仲が悪かったため、政宗公へ近づき、加勢を頼み、氏家一党を惣八郎と共に討ち果たし、義隆にも腹をきらせようという考えを持っていた。そのことを政宗公に申し上げ、政宗は合意し、いつであっても連絡次第で手勢を送ることを約束なさいました。
しかしその頃まで新田刑部は義隆に奉公しており、名生の城に居た。そうしているうちに、氏家弾正が義隆に意見したことには、刑部のことが理由で、親類の者まで裏切りを企て、政宗公へ内通したということで、新田刑部に切腹を命令されてはどうだろうか。牢屋に押し込めて然るべきではないかと申し上げた。
義隆は「お前が言うことはもっともではあるが、かたきであったころより召し使ってきた者であるので、かれの在所である新田へ送るのがよいだろう」と仰った。
家臣たちはそれぞれそうするのはよくないという事を申し上げたが、義隆は頻りにそのことを主張したので、仕方ないことであった。義隆は新田刑部に「お前の親族たちが内通を企てているので、お前の身までも口惜しいことになった」「すぐに新田へかえれ」ということを言いつけられた。
新田刑部は「お心はかたじけなく思いますが、同僚たちも一人残らず私を憎んでいるので、本丸を出たら、お心に背くものがおり、すぐに私は討たれるでしょう。大変申し訳ないことではありますが、今まで召し使ってくださった恩の代わりに、途中まで連れていってくださるのでしたら、かたじけなく思います」と言ったので、義隆はもっともに思い、そう言うのであれば、伏見まで連れて行き、解放してやるので、供をせよと仰ったので、馬を二匹庭へお呼びになり、一匹は義隆を、もう一匹は刑部を乗せて、連れられて行った。
刑部の家臣の者で、非常に強い者たちが2,30人いた。刑部はさしおき、義隆の馬の口を取り、義隆の御供のものたちは無用であるといい、急いで左右を取り囲んだ。力及ばず、伏見まで行かれた。急ぎ新田へと行こうとおっしゃったおで、刑部は家来に向かい、一人来る必要はないと思っていたが、家中の者は是非新田までお連れになってくださらないかと行った。供しようと言ったが、異義を申したならば、供の衆もどうかといえば、義隆を討ち果たそうという様子になったので、仕方なく新田まで連れて行かれ、名生へは返さず、新田に留め置いた。
刑部少輔一党のものは、根塚の城主黒見紀伊守・谷地守の城主森主膳・米沢備前・米泉権右衛門・宮崎民部少輔・高清水城主弾正・百々城主左京亮・中目兵庫・飯川大隅・義隆舅の黒田治部少輔であった。この者たちは裏切りを企み、政宗公へ頼みより、政宗の威光で、氏家一党と伊場惣八郎をうち果たし、義隆にも腹を切らせようと思っていたところに、予想外に義隆を生け捕りし、新田につれていかれたので、みな心を変えて、伊達を捨て、義隆を守り、氏家は伊場を退治する気持ちになり、この面々は義隆に対し「刑部少輔の一党は多くが義隆を取り立てなさるのであれば、累代の主君であり、誰が疎かにすることでありましょう。氏家弾正一人を退治なされましたら、大崎領内は思うとおりになることでしょう」と申し上げた。義隆はこの者たちが裏切りを企て、伊達へ頼み入ることを聞いていた頃は、氏家ひとりが奉公をし、切腹の御供をするだろうと思っていたと言った。弾正の退治をする事はないと思っておられたが、新田におしとどめられ、訴えられたので、力及ばずもっともであると仰った。

感想

さて話は変わり、大崎義隆家中の出来事になります。近習の中で争いが起き、家中を二つに割る争いが起こりました。伊達に頼ったり、また心変えをしたり。複雑怪奇な事件です。

『伊達日記』24:清顕の死

24:清顕の死

原文

一 同霜月清顕公御煩死成られ候。政宗公も福島迄御出成られ、田村へ御使者を以仰届られ即御帰城候。

語句・地名など

現代語訳

一、天正14年11月、田村清顕公が突然お亡くなりに成られました。政宗公も福島まで出られ、田村へ使者を送られ、すぐに城に戻られました。

『伊達日記』23:合戦後処理

23:合戦後処理

原文

一 塩の松は白石若狭拝領申され、御加増に下され候処も数多御座候。二本松は我等に下され、大森は片倉小十郎拝領申され、八月始米沢へ御馬を移され候。安積表は御無事の分にて往来の者も送を以罷通候体に候。

語句・地名など

現代語訳

一、塩松は白石若狭が拝領し、御加増を賜った者たちもたくさんいました。二本松は私に下さり、大森は片倉小十郎が拝領しました。8月初め、政宗は米沢へ移られました。
安積方面は平穏となり、往来の者たちも送状を以て通ることが出来るようになりました。

『伊達日記』22:二本松開城

22:二本松開城

原文

一 政宗公少々御機合然る無く候に付、二本松への御合戦相延、四月始に御働候。近陣成られ候事。去年のごとく佐竹、会津、岩城より御出馬候はば城を巻ほぐし候事如何と思召され、北南東より五日御働成られ候へども内より一人も出ず候。やらいかかりなど二三度成られ候までにて候間、指而御働成られず候。小浜へ御入馬候。然処に相馬義胤より実元を頼候故、煩にて候へども小浜へ参り御無事取扱申候。二本松籠城相除候様にとの事計にて、同七月十六日本丸計自焼に仕会津へ引除候。地下人は思々に相除候。我等に城請取申すべき由仰付られ、其日に罷越本丸に仮屋を仕候。政宗公七月廿六日御出、御覧成られ、候て日がへりに成られ候。

語句・地名など

現代語訳

一、政宗公が少々体調を悪くしていたので、二本松への合戦は延期となり、4月初めに戦をなさった。近陣なされたが、去年のように佐竹・会津・岩城から敵が来れば、城を落とすことがどうなるだろうかと思われ、北・南・東から5日戦闘を仕掛けたけれども、城の中から一人も出てきませんでした。やらい攻めは2,3度行った程度でありましたが、さしたる活動をすることができなかったので、小浜へお入りになられました。
そうしている内に、相馬義胤から実元を頼み、和議を持ち込んできたので、実元は病気であったのですが、小浜へ来て、無事和議を取り付け致しました。
二本松の籠城衆は退却するようにとのことであったので、7月16日本丸だけ自ら火を付け、会津へ退却しました。身分の低い者たちはそれぞれに退きました。
政宗は私に城の受取をするようにと仰ったので、渋川からその日に来て、本丸に仮屋を建てました。
政宗公は7月26日にお越しになり、城を御覧になられ、小浜へ日帰りなされました。

感想

二本松城攻めの話です。
戦をいくらしかけても反応がなかったことから、もうすでに主力はいなくなっていたのかもしれません。
相馬義胤と実元の働きで、二本松城は籠城衆を外に出すことで開城することになりました。